Pepper SDK for Android Studioが公開されたので使ってみた

Pepper SDK for Android Studioが発表されたので、早速Windowsにインストールしてみました。

Android Studioがインストールされている環境の方は、Android SDK version 5.1.1 (API 22, Lollipop)と、SDK Build-Tools22.0.1を追加すれば大丈夫です。

インストールされていない場合は、こちらから最新のJava Development Kitを(Accept License Agreementをチェックした上で、jdk-8u91-windows-i586.exeまたはjdk-8u91-windows-x64.exeをクリック)インストールしておきます。

Android Studioのインストール自体は、チュートリアルに従ってインストールできます。

なぜか私の環境では、Get Pepper SDK Pluginの3で、「Pepper」と検索しても該当するプラグインが出てこなかったので、こちらからPepper SDK for Android Studio (Beta)をダウンロードして、解凍したlibの中身をAndroid Studioのlibの中(デフォルトではC:\Program Files\Android\Android Studio\lib)にコピーしたらうまくいきました。


e0f9e6a4ac90fdf5a06ca70c977b8cec
インストールが完了すると、このようにPepper関連のアイコンが増えているはずです。


1469652c1d1dae1fe6ae7ea6f528c947
Androidでおなじみのマニフェストファイルを設定します。


ee5bab5a54586357dde8d11724a117c7
Pepper用の追加のXMLファイルもあります。


756c9c372bbe079eeb556a13a849635e
バーチャルロボットやタイムラインは健在です。


add23a641478702d7f6d4c2257e469e3
タブレットのエミュレータ(今まで無かった)のが使えるのは大きいですね。


ee2131356cdff47e33256a486d9da57e
いよいよ実機に接続!


77d2ccaeac664939a68b4b96597fefab
あれ・・・やっぱりまだ一般発売版・デベロッパー版とも、つながらないですね・・・。

それでは、また!

ABOUT THE AUTHOR / 

鹿田 貴史
鹿田 貴史

携帯検索サイト立ち上げ、サーチテリア広告立ち上げ、トランスコスモスにてAskモバイル立ち上げ、アパンドールCTOを経て、現在ロボットスタート株式会社CTO。将来の夢はバスの運転士。