みずほとソフトバンクが合弁会社設立に合意 資本金50億、ビッグデータ・AIを活用したFinTechレンディングの提供へ

株式会社みずほ銀行とソフトバンク株式会社は、個人のお客さま向けに、FinTechを活用したレンディングサービスを提供することを目的として、合弁会社を設立することにつき、本日合意したことを発表した。

貸金業の登録を前提に、本会社は本年11月の設立が予定されており、2017年前半の事業開始を目指している。設立当初の資本金は50億円で、出資比率は両社から50%ずつを予定している。

新会社では「みずほ銀行とソフトバンクの強みの融合」「新しいブランドの創造」「店舗等を持たないローコスト運営」「強固なコーポレートガバナンス」を基本方針とし、従来にない魅力的なサービスの提供を通じて、「一生懸命人生を頑張る人の夢の実現を応援すること」を目指していくという。

また、提供されるサービスは、お客のデータ提供や追加情報入力でスコアアップなどが可能となるスコアリングモデルを活用した、スマートフォンで手続きが完結する国内初のスコア・レンディング。スコアリングモデルとは、みずほ銀行が保有するビッグデータやローン審査ノウハウ、ソフトバンクが保有するビッグデータやAIによるデータ分析のノウハウを融合したものであり、これにより審査応諾範囲の拡大、競争力のある金利水準を実現していく。

なお、このサービスは、両社と取引のないお客でも利用可能になる予定。本会社は、与信審査のためにお客情報を取り扱う予定だが、サービスを利用するお客から、この利用目的に同意をもらうことを前提としている。新サービスの詳細については、決定され次第発表される。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム