ボストン・ダイナミクスの新ロボット「Handle」、車輪と脚のいいとこどりの凄まじい動力性能を見よ!

車輪付きでジャンプも可能、ボストン・ダイナミクスが新たなロボット「Handle」を発表!にてお伝えしたロボットの新しい動画が公開された。



Boston Dynamics Handle01

Photo: Boston Dynamics

Handleの身長は198cm。両上肢はポール状で、両下肢は車輪という独特のスタイルのHandle。2輪だけで見事にバランスを保っている。



Boston Dynamics Handle02

Photo: Boston Dynamics

コーナリング時はボディを傾けて旋回する。時速14kmで移動可能で、垂直に122cmジャンプすることもできる。



Boston Dynamics Handle03

Photo: Boston Dynamics

腕の位置を変えないまま身体を動かすこともできる。



Boston Dynamics Handle04

Photo: Boston Dynamics

Handleは、1回のバッテリーの充電で24km走行可能。動作は、電動モーターと油圧のアクチュエーターの両方を組み合わせているとのこと。


力は十分あるようで、約45kgの荷物を両腕で掴み、運搬することもできる。



Boston Dynamics Handle05

Photo: Boston Dynamics

また階段を降る様も滑らかで姿勢を崩すことがない。



Boston Dynamics Handle06

Photo: Boston Dynamics

雪道の斜面もバランスを取りながら高速で移動できている。


複雑な動きを見せるHandleだが、自由度はわずか10でありハードウェアとしては複雑な設計ではないという。ボストン・ダイナミクスがいままで設計してきた四足歩行ロボットと二足歩行ロボット同様の動力学、バランス、移動操作の原理の多くを共有するという。


車輪は平らな面で効率的で、脚はどんな場所でも移動ができる。この両面をいいとこどりしたのがHandleだという。ぜひその動きを動画で確認して欲しい。


僕はこう思った:
平和的に利用されることを切に願います。こんなのに追いかけられたら怖すぎです。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。