FRONTEOの人工知能搭載ロボット「Kibiro(キビロ)」を体験してみました!

Kibiroがとどきました!

ロボットエバンジェリストの西田です。

FRONTEOの人工知能搭載ロボット「Kibiro(キビロ)」を貸してもらったので、早速使ってみたいと思います!
※貸出機のため、実際の製品版とは異なる可能性があります。

Kibiroに搭載されているのは、独自開発の人工知能「KIBIT」。
国際訴訟分野の実績をふまえたテキスト解釈能力を武器に、
人の行動を学び、感覚を学び取る。
独自のデータベースを構築し、日々発生する新しい情報に
クラウドネットワークを活用して対応し続けます。
Kibiro公式ページより引用

人工知能「KIBIT」が搭載されているらしいです。どんな人工知能なのかたのしみです!



パーカー着せてみました。胸のKマークがかくれるのがちょっともったいない気も。

貸出機なのでオンラインマニュアル。オレンジかわいい。

とりあえず、マニュアル通りに設定をします。Kibiroを使うにはスマホのアプリが必要とのことなので、Androidアプリをインストールしました。

西田めも

iPhone/Android両方のアプリがリリースされています。ただ、マニュアルにストアのURLがなかったので、本物かどうかわからなかったです。怖いから改善してほしいですね!今回は、Androidで試しました。


マニュアルとAndroidアプリの両方を見ながら設定をしていきます。両方とも同じことが書いてあるし、図解入りでわかりやすいので簡単に設定できました! これは他のメーカーも見習ってほしいです。




動かしてみよう!

アプリとKibiroを接続したら、アプリからKibiroをコントロールできるようになります。SOTAで複数のアプリを動かそうとおもうと、どうしてもこういう仕組みになっちゃいますね。

西田めも

アプリとkibiroは、IPアドレス指定で接続する仕組みなので、kibiroの電源を切ってIPアドレスが変わっちゃったら設定し直し・・・。簡単に設定できるけど、ちょっとめんどくさいと思いました。


kibiroには、「おはなしモード」と「アプリモード」という2つのモードがあります。独自開発の人工知能「KIBIT」を搭載しているので、いろんな会話をすることができるみたいですよ!


Androidアプリの画面。モードが2個あります。
アプリモードのメニュー。色々できますね。
天気予報のメニュー。この辺のUIは改善してほしいなー
チャットでもお話できます。Kibiroなのかキビロなのかはっきりしてほしい。

こんな感じで、いろいろ楽しむことができます。動画を取ってみたのでご覧ください!


名前はアプリから登録できるのですが、呼び捨てにされるのなんかいやですね。




パーカーがスゴイ!



ひもまで丁寧に作られててすごい!

Kibiroで一番すごいと思ったのは、パーカーです。細かいところまで丁寧に作られています。実際に触れて見る機会があったら、ぜひ触ってみてほしいです。


こうおもった

せっかくの会話がスマホ起動じゃないと使えないので、生活に自然に溶け込むのは難しいかも。電源入れたら、お話モードで起動したらいいのになー


ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリストとして活動中。