東京初進出、浅草北のIoTホステル「&AND HOSTEL」2号店 館内レポート! 人気の理由とは?

4月7日、開業したばかりの「&AND HOSTEL」2号店の内覧会が開催された。今回の記事では、同ホステルのレポートを行っていく。

「&AND HOSTEL」は2014年設立のスタートアップand factory株式会社がプロデュースする最先端のIoTデバイスを集結させたスマートホステル。

2016年夏に福岡に1店舗目の「&AND HOSTEL」を開業すると、海外・国内からあらゆる客が、最先端のデバイスを体験するために同ホテルを訪れた。

今回浅草にオープンした2号店も、一部の部屋としてIoTルームが用意されており、各種IoTデバイスを体験できる他、1階のロビーでも他ではあまりお目にかかれない最先端のIoTデバイスを体験することができる。

場所は、東京都台東区日本堤2-4-7。東京メトロ日比谷線「南千住」駅から徒歩6分、「三ノ輪駅」から徒歩8分ほどの所にある住宅街の中に建てられており、ホテルを運営するには「立地が良い」とは言えない。


白を基調とした綺麗な外観

しかし、そんな立地でありながら、すでにオープン後数日間の予約は満室。1号館としてオープンした「&AND HOSTEL」の福岡店では、一般的にホテルが閑散期と言われる1月-2月にも93%の稼働率を誇ったという。

部屋は広くなく、価格も周囲のホテルと比較しても1,000円から1,500円ほど高い。では、なぜそんなにも支持を集めているのだろうか。



外国人客が9割、客同士のコミュニケーションを


まだオープンして日も浅いが、この先の予約客を見ていくと、外国人観光客の割合が9割近くを占めるのだという。1階にはバーカウンターや、談笑ができるスペースが用意されており、各種IoTデバイスがエンタメ性をもたらしている。新築で建てられたホテルだけあり、建物の中はとても清潔感がある。


壁にはデジタルキャンパス「meural」が掛かっている。下部のセンサー付近で手を横に振ると、他の絵にスライドさせることができる。

テーブルの1つ(奥)は、「SOUND TABLE」という、Bluetooth接続可能なスピーカー搭載テーブル。天板全体がスピーカーになる独自技術が使われているのだという。

大きなディスプレイは、タッチディスプレイ。近場の観光案内などを見ることができる。

遠隔で赤外線を操ってペットと遊ぶデバイス「Petcube」(左下)。

酒気帯びの確認用のデバイス「FLOOME」も置かれている。

このスペースではお酒も提供されており、ホステルに宿泊中の他の客たちと交流を深めることができる。最新のIoTデバイスが話題に華を添えることだろう。

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長・ロボットスタート株式会社取締役。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。