個性豊かなロボットたちが名古屋に大集合! 名古屋市科学館にて 7月より特別展「ロボットってなんだろう?」開催

メ~テレ(名古屋テレビ放送)は、名古屋市科学館、読売新聞社との共催で、【特別展「ロボットってなんだろう?」】を2017年7月15日(土)~9月3日(日)の45日間、名古屋市科学館 理工館地下2階イベントホールにて開催することを発表した。

後援はロボカップ2017名古屋大会開催委員会。「ロボカップ」はロボット競技の国際大会で、10万人以上の来場者が見込まれる。
今年は7月27~30日に名古屋で開催されることが既に決まっている。
ロボカップのイベントに併せてこの特別展に足を運ぶのもいいし、夏休みに家族で出かけるのも楽しそうだ。

オフィシャルホームページはこちら
■ 特別展「ロボットってなんだろう?」
http://www.robot2017.jp/
■ ロボカップ2017名古屋世界大会
https://www.robocup2017.org/index.html



特別展「ロボットってなんだろう?」メインビジュアル


「ロボットってなんだろう?」の概要

現在、産業用ロボットや医療界で活躍する実験ロボット、災害現場で活躍するレスキューロボット、人類に限りなく迫る人型ロボット、「見えないロボット」ともいえる人工知能など、様々なロボットが日本社会の根底を支えている。また、家庭用ロボットの普及も進み、「ロボット」がより身近な存在となった。

同展では、これらロボットの原型ともいえるからくり人形から始まって、日々、進化を遂げるロボットの過去、現在、未来を紹介。

ロボットとともに作り出している、人々の周りの産業や生活を改めて俯瞰するとともに、夢あふれる日本の未来像を探ることをコンセプトとしている。


前売り券は5月13日(土) 販売開始予定。特別展だけでなく、プラネタリウムを除く全ての名古屋市科学館展示室の閲覧が可能だ。



▽特別展「ロボットってなんだろう?」開催概要

会期 2017年7月15日(土)~9月3日(日) 45日間
休館日=毎週月曜日(7月17日、8月14日は開館)、7月18日
開館時間=9:30~17:00(ただし、入場は16:30まで)
会場 名古屋市科学館 理工館地下2階イベントホール
〒460-0008名古屋市中区栄二丁目17番1号
主催 名古屋市科学館、読売新聞社、メ~テレ
後援 ロボカップ2017名古屋大会開催委員会
料金 前売 一般1,200円 高大生600円 小中生300円(すべて税込み)
当日 一般1,400円 高大生800円 小中生500円 (すべて税込み)
※未就学児童は入場無料。※高大生は要学生証。
チケット取り扱い Pコード: 990-994 Lコード: 42172 イープラス、セブンチケット、名古屋市科学館ミュージアムショップ(9:30~17:00) ほか
問い合わせ 名古屋市科学館 052-201-4486


関連サイト
名古屋市科学館

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。