【独断と偏見】「2017 Japan IT Week 春」頑張ってるロボットたち【ブース番号つき】

日本最大級のIT展示会

2017年5月10日〜12日まで東京ビッグサイトで開催されている「2017 Japan IT Week 春」。13の展示会が同時に開催される日本最大級のIT展示会となっています。

今回はその中で展示されて、頑張っているロボットたちを『独断と偏見』でご紹介していきます!



音声合成のメーカーも展示

先ずご紹介するのは、「HOYAサービス」さん(西15-36)


音声合成エンジン「VOICE TEXT」が採用されている様々なロボットたちが一挙に並んでいました。


な、何と、「アトム」が展示されているではないですか!!
まだ4号が出たばかりで、実物を見ることが出来るチャンスなんて無いですよ。

同じく音声合成エンジン「AI Talk」を提供している「エーアイ」さん。(西4-80)



なんだか、大きいのが見えます。


その正体は「1/2タチコマ」です!
もちろんあの声で喋ってます。移動はしませんが、腕は動いたりしています。これもここでしか見られないかも。



「Pepper」だって頑張ってます!

コミュニケーションロボットといえば、やっぱり「Pepper」。
その「Pepper」を使ったソリューションも、もちろんありますよ。

「Pepper」でプレゼンテーションができる「ペップレ」の「エクスウェア」さん。(東14-34)


飲食店をモデルとした展示です。センサーなどを使って省力化の提案をされていました。


「Watson」と連携をして、「Pepper」は質問に答えるというものなのですが、今回は選択肢から選ぶというものでした。実際は自然言語の質問に答えるということでした。

「システナ」さんのブースです。(東5-17)


「Pepper」の下に黒い線が引いてあります。


バーコードをかざして受付をすると、「Pepper」が黒い線の上を移動して案内をしてくれるというもの。
大きいロボットが動くっていいですよね。


「Sota」も活躍しているよ!

「NTTドコモ」さんのブースには「Sota」が沢山いましたよ!(西19-22)


まずはプレゼンテーションのテーブルに、ライトブルーの「Sota」が。


センサーの異常値を検知したら、「Sota」が教えてくれるというシステムです。
「Sota」の首からかかっているのが照度センサーで、明るくなると「Sota」が教えてくれるいうものでした。

「NTTドコモ」さんの向かいにある「三井物産エレクトロニクス」さんにも「Sota」がいました。(西19-23)


これは予測型の見守りシステムで、左上にある白い装置についているカメラが動きをチェックしていて、危険な動き(ベッドの柵を超えたり、起き上がったり)すると、「Sota」が喋って教えてくれるというものです。



ビジネス向けの「PaPeRo i」も。

座布団に座っているのが愛らしい「PaPeRo i」も展示されていました。


やっぱり「NECグループ」さんのブースにはありますよね。
IoTプラットフォームのプレゼンテーションを一生懸命やっていました。

「萩原電気」さんのブースにも「PaPeRo i」が。(西14-73)


タブレットで項目をタップすると「萩原電気」さんの紹介などをしてくれます。
ブースの片隅といったところなので、ちょっと悲しげですが頑張れ!!

「日本システムウェア」さんのブースでは、2種類のロボットがいました。(西11-13)


「PaPeRo i」と「Sota」です。
色々なセンサー(人感センサー、環境センサー、バイタルセンサー)の情報に合わせて、会話や行動をしてくれるというシステムです。データを確認できる画面も用意されていました。



ABOUT THE AUTHOR / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは営業を取り仕切っていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 ロボスタ.infoでは、「アプリレビュー」「〜してみた」などのレビュー系を中心に執筆。 所属はモテない族。近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。 アイデアソンで優勝出来たことを当分自慢します。