AmazonがAlexaデバイス向けに「通知機能」を発表! Alexaから話しかけてくるスキルも登場しそう

AmazonがEchoなどAlexaを搭載するデバイス向けに「通知機能」を自社のブログで発表した。



Alexaの通知機能とは?

Photo: robot start inc.

この「通知機能」はAlexaのスキルにおいて非常に目新しい機能だ。なぜなら通常Alexaは、話しかけると答えてくれるもので、Alexa側から話しかけてくれることはないからだ。

今回の通知機能がスキル開発者が使えるようになることで、Alexaスキルの幅が広がることは間違いないだろう。具体的な通知イメージとしては、スキルのアップデート通知や、ショッピング情報の通知、天気情報の通知、ニュースアラートなどが想定されている。

スキルから通知が来ると、Alexaデバイスはチャイムと、緑色のLEDが点灯することで通知があったことを伝える。緑色に光っている時に、「Alexa, what did I miss?」(聞いてない通知ある?)や「Alexa, what are my notifications?」 (通知なにかある?)
といった形でデバイスに通知を確認できるという仕組みだ。

さらに通知はスマートフォンアプリのように、オフにする設定も可能だ。あらゆるスキルから通知を受けたのでは大事な通知を逃してしまうかもしれないので正しい配慮だろう。また時間帯によって通知を受ける、受けないという設定も可能だ。



スキル開発者の対応は?

残念ながら、現時点ですべてのスキル開発者がすぐにこの機能が使えるわけではない。まずは一部のベンダーのみに限られて提供が始まるという。AccuWeather、The Washington Post、Just Eat、Life360などの企業が挙げられている。

一般のスキル開発者にもこの機能はまもなくリリースされるというが、事前に開発者は以下のフォームでメールアドレスを登録しておく必要がある。そうすると機能が使えるようになった時にメールで連絡される。

Sign-up now to receive updates when development tools to enable skills notifications are available.

救済策ということなのか、実際に使えるようになる前の時点でもプレビュー版のAmazon Voice Service(AVS)は提供される。通知機能を使ったスキルについて事前に調べたい人は以下のページは要チェックだ。

Getting Started with the Alexa Voice Service


僕はこう思った:

スマートスピーカーから話しかけてくるというのはいいですね。いままでなかったのが不思議なぐらい、良い機能だと思います。AI音声アシスタントのライバルたちも追随するのではないかと想像します。


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム