「企業受付 for Sota」をユニキャストが発売開始 顔認識機能で来訪者を識別、スマホや内線電話に通知対応

「人とロボットが共創する未来をつくる」を事業ミッションとしている、株式会社ユニキャストのロボティクス事業において、ヴイストン株式会社が製造販売する卓上型の小型ロボット「Sota」を活用した受付サービスである「企業受付 for Sota」を新サービスとして2017年6月14日より販売開始した。


左:来訪者向けタブレットアプリ、右:スタッフ向けPC、スマホアプリ



「働き方を受付から変える」をコンセプトに、卓上型の小型ロボット「Sota」がスタッフの代わりに来客応対を行う。Sotaが、来訪者の用件を確認して担当者へ通知を行ったり、担当者からの伝言を来客に伝えることができる。また、Sotaから担当者への通知は、スマホやPCだけでなく、内線電話にも対応している。





来客対応やスタッフへの通知の他にも 、来訪履歴管理が行える。これは、訪問者の来訪目的や応対内容の履歴はすべてクラウド上に保存されるため、担当者は外出先でも来訪履歴の確認ができ、不在時でも電話などによるフォローが可能となる。


■ 企業受付 for Sota プロモーション動画



ビジネス誌「Fast Company」の紹介研究によると、人は一度作業が中断されると、元の作業を再開するまでに平均23分15秒かかるとのこと。1日10回の来客で、受付対応したスタッフは年間1,120時間の作業時間をロスしていることになる。

また、企業のセキュリティ向上が求められる昨今、個人情報が含まれる来訪履歴の管理は重要な問題となっている。





同サービスを活用することにより、従来、受付対応をしていたスタッフの時間的負荷の軽減と同時に、ロボットを通して来訪履歴を自動で取得し、セキュアなクラウドサーバにデータが蓄積されるためセキュリティの面でも安全といえる。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム