路上ライブから目指すは5万人の観客が待つドーム公演へ!世界初360°のVR超感覚カラオケ、変なホテル ハウステンボスに登場

『超感覚カラオケ』は、360°の映像と音と振動に包まれた中で熱唱するという”一歩先の未来のカラオケ体験”。
変なホテル ハウステンボス」のロビーエリアに設置されている「『The Zone(TM)』超感覚ゲーム」の新たなコンテンツとして『超感覚カラオケ』を8月3日から追加。ハウステンボス株式会社と「『The Zone』超感覚ゲーム」の開発を行うゾーン株式会社、株式会社プロディジ、「JOYSOUND」を展開する株式会社エクシングが発表した。


『超感覚カラオケ』について

『超感覚カラオケ』は、マイクを持ち「『The Zone』超感覚ゲーム」に足を踏み入れると、目の前には観客たちが。歌が始まると、観客たちは花束やプレゼントなどを投げこみ応援してくれる。

『超感覚カラオケ』説明画面

彼らの応援にタッチ操作でこたえていくことで、舞台が路上ライブから5万人の観客が待つドームステージへとグレードアップ!JOYSOUNDの高音質と豊富な楽曲をアーティスト気分で楽しむことができる。




The Zoneとは?

The Zoneは、360°映像に囲まれた未知のバーチャル亜空間に全身まるごと入り、手足で空間を操って楽しむ『「超感覚」Training Pod』。行きたい亜空間(ゲーム)を選んで、手ぶらでドアを開けて入るだけ。


『The Zone』超感覚ゲーム

電話ボックスサイズの小部屋の前後左右・天井・床と全方位に映像モニターを配置、最新のバーチャルリアリティ技術を駆使した360°体験型コンテンツは、ヘッドマウントディスプレイとは一味違う未体験の驚きだと言う。

『超感覚カラオケ』の様子
The Zone公式ホームページ
http://thezone.jp/promotion/

なお、同ゲームには、1回300~400円で体験できる5種類の既存コンテンツがあり、今回の『超感覚カラオケ』は6種類目となる。上記のThe Zone公式ホームページでは、YouTubeの360動画で「地球防衛ヒーロー」「絵合わせパズル」「爽快!妖怪退治」等を視聴することができる。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム