【ONKYO】オンキヨーグループがAI搭載スマートスピーカーに本気すぎる件

今月に入ってから、ONKYO(オンキヨーグループ)のAI音声アシスタント搭載のスマートスピーカーに関連するプレスリリースが複数発表されており、今回はその動きに注目してみたい。



Photo: ONKYO

これがグループとしての取り組みを示す資料の1ページ。ホーム、モバイル、クルマへスピーカー・イヤホンを提供していく戦略なのがわかる。

この戦略に基づいて発表が行われており、以下、順を追ってみていく。




【8/10】ONKYOが新スマートスピーカーを2017年10月末より発売へ



Photo: ONKYO

ONKYOが、「VC-FLX1」に続き、Alexa搭載かつDTS Play-Fi機能を搭載した高音質の新スマートスピーカーを予告。米国、英国、ドイツにて10月下旬より発売開始。DTS Play-Fiはオンキヨー、パイオニア機器を端末で操作、音楽操作を伝送できる機能。製品の詳細については、後日発表される。今後もスマートスピーカーの発売を順次計画という。





【8/14】ONKYOがネインとAIヒアラブル市場への商品共同開へ



Photo: ONKYO

ロボスタでも「オンキヨーグループ、AIにつながるヒアラブルデバイス市場への参画に向け「APlay」のネインと商品の共同開発へ」でお伝えしたとおりだ。





【8/15】ONKYO、「スマートデバイスリンクコンソーシアム」加盟へ



Photo: ONKYO

ONKYOがスマートフォンと車を連携させ、スマートフォンアプリを車載ディスプレイでの操作を可能とするスマートデバイスリンク(SDL)を管理する非営利団体「スマートデバイスリンクコンソーシアム」に加盟を発表。





【8/18】ONKYO、AI特設ページ解説



Photo: ONKYO

ONKYOのAIに関する取り組みをまとめたAI特設ページを公開。





【8/21】ONKYO、OEM用スピーカーユニットを充実



Photo: ONKYO

ONKYO OEM事業として、スマートスピーカー向けのスピーカーユニットのラインナップを発表。音声認識機能に適したスピーカーユニットで、小型・薄型ながらも高音圧で歪みが少なく、大きな音量を実現。ONKYO製品への採用をはじめ、他社への提案も開始するという。各AI対応スピーカーのデザインや構造にあわせたスピーカーボックスの設計も提案。



僕はこう思った:

日本語対応のスマートスピーカーも期待したいですね。




ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。