【速報】ソニーが遠隔操作できる車を開発!センサーだらけで窓もない「ニューコンセプトカート SC-1」で「AI×ロボティクス」を加速

ソニー株式会社は、乗員の操作による運転に加え、クラウドを介して遠隔からの操作でも走行可能な「New Concept Cart(ニューコンセプトカート) SC-1」を試作開発し、2017年9月より学校法人沖縄科学技術大学院大学学園(OIST)のキャンパスにおいて、実証実験を開始したことを発表した。

同社は、AI×ロボティクスの取り組みを加速しており、今回の開発は、その一貫として新たな移動体験の提供を目的としている。

OISTキャンパスでの実証実験は、OIST Integrated Open Systems Unit(Sony CSLのCEOでもある北野宏明教授が推奨するプロジェクト)との共同研究であり、各種走行試験に加え、太陽光など自然エネルギーの利用も含めた電力利用や、走行時の消費電力の低減及び最適化の考察などを行う。


イメージセンサーと高解像度ディスプレイ

「SC-1」は、人の視覚能力を超えるイメージセンサーを車両の前後左右に搭載している。360度全ての方向にフォーカスが合わされた映像で周囲の環境を把握できると同時に、搭載したイメージセンサーの超高感度な特性と、内部に設置された高解像度ディスプレイにより、乗員が夜間でもヘッドライトなしに視認できると言う。

また、イメージセンサーで周囲を捉えていることから、不要となった窓の代わりに高精細ディスプレイを配置。車両の周囲にいる人に対して様々な映像を映し出せ、さらにイメージセンサーで得られた映像をAI(人工知能)で解析することで、インタラクティブに発信する情報を変化させられる。

この機能により、車両周囲にいる人の性別・年齢などの属性を判断して、最適な広告や情報が表示可能となった。


融合現実感(Mixed Reality)技術

自社開発の融合現実感(Mixed Reality)技術を搭載。乗員がモニターで見る周囲の環境を捉えた映像に、様々なCGを重畳することで、従来の自動車やカートでは景色を見るだけであった車窓がエンタテインメント空間に変貌し、移動自体をより楽しめるようになる。

他にも、イメージセンサーと共に、超音波センサーと二次元ライダー(LIDAR:レーザー画像検出と測距)を搭載しており、ネットワーク接続されたクラウド側には走行情報が蓄積され、ディープラーニングで解析することで、最適な運行アシストに繋げるとともに、車両に搭載した複数のセンサーからの情報をエッジ・コンピューティングで判断し、安全な走行へサポートするとのことだ。


SC-1の特長

▼ 主な仕様

全長 3140 mm
全幅 1310 mm
全高 1850 mm
乗車定員 3名
走行速度 0~19 km/h
搭載機器 車内:49インチ 4K液晶モニター 1台
車外:55インチ 4K液晶モニター 4台
イメージセンサー:35mmフルサイズ Exmor R CMOSセンサー 5台
関連サイト
ソニー株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム