ロボットで「手話通訳」、NTTデータとシャープがロボホン向けアプリを共同開発

株式会社NTTデータとシャープ株式会社、株式会社NTTデータSBCは、国内で初めてAI技術(ディープラーニング)を活用したロボホン向け手話通訳アプリケーションを共同開発したと発表した。

日本国内で軽度を含めた聴覚障がい者は数百万人おり、厚生労働省調べによると、そのうち手話が必要とされる約32万人に、コミュニケーション手段や方法、介助費用の面からも新たな手段が必要との結果がでている。特に生活面では、手話通訳者が近くにいないなどの問題と同時に、健聴者が手話を学ぶ環境が少ないなど、社会的な課題が生じている。

これらを背景にした「手話通訳アプリケーション」の提案が、NTTデータ社内のロボホン向けアプリ開発コンテストにおいて最優秀賞を受賞。これにより、本格的にNTTデータ、NTTデータSBC、シャープが共同で同アプリケーションを開発するに至った。

■ 【NTTデータ×SHARP】ロボホン向け手話通訳アプリケーション




アプリケーションの概要

シャープが提供するモバイル型ロボット電話「ロボホン」に、聴覚障がい者が行う手話を通訳して健聴者に伝えるアプリケーションを開発し、現段階では手話学習初心者の手話学習や簡単な意思伝達を必要とする場で利用されることを想定している。


コミュニケーション方法

※クリックで拡大

・聴覚障がい者から健聴者への伝達
ロボホンがAI技術(ディープラーニング)で聴覚障がい者の手話の動きを認識・分析して、手話の意味する単語を日本語で発話。また、発話した内容を外部デバイス(スマートフォンなど)に表示する。

・健聴者から聴覚障がい者への伝達
ロボホンが健聴者の発話を認識して、その内容を外部デバイスに表示する。



手話の認識範囲

現在は、日本語対応手話の1種類を認識しているが、今後、国際手話など認識できる種類の増加を予定。


想定シーン

現段階では手話初学者の手話練習、単語レベルでの意思伝達交換となっているが、将来的には、一連の手話を認識し簡単な会話での意思伝達交換、行政や企業の窓口応対を想定。



今後の展開について

今後は3社で、ロボホンが認識できる手話の種類追加や日本語以外の対応などを強化し、さまざまな場面で手話通訳が円滑に行われるように1日でも早い実用化を目指し、聴覚障がい者の生活を支援する活動を継続していくと述べている。

関連サイト
ロボホン公式サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム