アマゾンエコーのスキル使うならまずは「ロボスタニュース」!Amazon Echoで最新のITニュースを聞こう、設定方法を解説

Amazon Echoなどのスマートスピーカーは、自然な会話によって、音楽を聴いたり、天気予報やニュース等、さまざまな情報を聞くことができる機器です。
天気予報やニュースなど、標準で設定されているもののほかに「スキル」を追加することで、ユーザーが必要としている情報を追加して得ることができるのもスマートスピーカーのメリットのひとつ。とくにAmazon Echoは、スキルが250種類以上も用意されていることで注目が集まっています。

ロボスタも「ロボスタニュース」というスキルをリリースしていて、ロボスタに掲載されているニュースをコンピュータ(Alexa)が音声合成で読み上げる機能がAmazon Echoで体験できます(読み上げがまだ少々不完全でぎこちないところがありますが・・)。

■Amazon Echoでロボスタのニュースを確認


ロボスタニュースを聞こう

今回はAmazon Echoを使って、その「ロボスタニュース」スキルを利用する方法を解説します。
セットアップされた状態のAmazon Echoがある場合、スマートフォンの「Amazon Alexa」アプリでスキルの設定ができます。今回はiPhone用の画面で紹介します。

スマートフォンで「Amazon Alexa」アプリを起動します。
起動するとこのような画面が表示されます。Amazon Echo(Alexa)と会話した内容が表示されているんです。
赤枠の部分をタップします。


プルダウンメニーから「スキル」を選択します。


スキルのカタゴリーが一覧されますので「ニュース」をタップして選択します。


画面の表示を下の方にうつしていくと「ロボスタニュース」がありますのでタップします。


「有効にする」をタップして作業完了です。


「アレクサ、ニュースを読んで」とか話しかけると、Amazon Echoがロボスタニュースを読み上げてくれるようになります。
スキルでスマートスピーカー生活をもっと楽しみましょう!



関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。