Alexaスキル「祈りのロボ」、スマートスピーカーとコミュニケーションロボットが連携して、僕らの願いを叶えてくれる?

2017年12月26日にリリースされたtkawata氏によるAlexaスキル「祈りのロボ」を紹介したい。スマートスピーカー(AIスピーカー)とコミュニケーションロボットが連携するという珍しいスキルだ。




Alexaスキル「祈りのロボ」

外部リンク
Alexa / 祈りのロボ

この「祈りのロボ」スキルは、「Alexaに願いを伝えると、ロボットが祈ってくれる」スキルだ。ソフトバンクPepperまたはNAOオーナーに最適なスキルではあるが、ロボットを持っていなくてもスキルは作動する。

話しかけ方の例は以下の通り。


あなた:「アレクサ、祈りのロボを開いて」
アレクサ:「祈りのロボスキルです。欲しいものをナニナニが欲しいというようにおっしゃってください。」
あなた:「素敵な友達が欲しい」
アレクサ:「わかりました。あなたの願いを祈りのロボたちに送っています」
アレクサ:「5台の祈りのロボがあなたの願いを祈りました。」

実際に願いを祈ってくれるのは、全国にいるロボット達。現在はPepperとNAOのみが対応しているが今後対応ロボットを増やす予定だという。

なお、ロボットが願いを祈ってくれるかどうかはタイミングに依存し、もしそのタイミングで祈りロボがいない場合は、祈りのウェイティングリストに追加されて適宜願いが祈られていく仕組みとなっている。


実際に祈りを行うロボットの様子が動画で公開されている。単にセリフを言うだけでなく踊るのが愉快だ。今後祈りの様子をライブストリーミングすることも検討しているという。




Pepper/Naoオーナー向け

この祈りのロボスキル向けのロボットアプリも公開されている。このアプリをPepperやNaoにインストールすると人々の願いを祈ってくれる。

ロボットを使っていない時にこのアプリを実行しておけば、知らない人の願いを自分のロボットが祈るのを見ることができる。なんとも新鮮ではないだろうか。


僕はこう思った:

ロボット業界、スマートスピーカー業界どちららでも著名なtkawataさんらしいスキルです。NAOについては、負荷を抑えるため20分間隔で自動的に休憩を取るようになっているなどさすがの設計です。ロボットをお持ちの方は是非お試しいただければと思います。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


Naoの購入はこちらから
Nao購入窓口

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム