中国Xiaomiが低価格スマートスピーカー「Yeelight Voice Assistant Speaker」を発表

2017年12月28日、中国Xiaomiがスマートスピーカー(AIスピーカー)の「Yeelight Voice Assistant Speaker」を発表した。




Xiaomi Yeelight Voice Assistant Speaker

Photo: Xiaomi

Yeelight Voice Assistant SpeakerはAmazon Echo Dotに非常に似た外見を持つ小型スマートスピーカーだ。注目点は搭載されるAI音声アシスタントで、中国市場向けにはXiaomi AI、グローバル市場向けにはAmazon Alexaが搭載される。


Photo: Xiaomi

Android headlinesWindows Latestなどの報道によれば、Microsoft Cortanaの搭載も噂もあり、もしこれが真実であればHarman/Kardon Invokeに次ぐCortana搭載スマートスピーカーとなる。



Photo: Xiaomi

Yeelight Voice Assistant Speakerは、Xiaomiのホームオートメーション製品の制御にも使用できるのも特徴になっている。

価格は119元(30ドル)、日本円でおよそ3,400円で、2018年1月31日より中国で発売される。




Xiaomi Mi AI Speaker

Photo: Xiaomi

Xiaomiは既にスマートスピーカー「Mi AI Speaker」を2017年8月より中国で販売している。価格は299元、日本円で5,200円程度。


こちらは搭載される音声アシスタントはXiaomi AIのみで、中国市場専用となっている。



関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。