ロボット開発・活用展「ロボデックス」今月開催!1月17日〜19日、産業・サービスロボット、AI、自動運転等の最新技術が集結

サービスロボットの今と未来を体感できる展示会イベント「第2回 ロボデックス」が、2018年1月17日(水)から19日(金)の3日間、 東京ビッグサイトにて開催される。2017年に開催した前回に比べて1.5倍に規模が拡大、 200社が出展予定だ。

写真は全て第一回開催時のもの




運営するリード エグジビション ジャパンによると、下記のロボットをはじめとした、最新のサービスロボットが展示される見込みだ。(当日出展製品が変更となる可能性もあり)


人から人へ“モノ”と“オモイ”を届けるデリバリーロボット

モノとオモイを届ける自律型デリバリーロボット。 人と共存することをコンセプトに開発され、 スマートなボディに最新の技術を搭載しており、 格納した物品を安心・安全に搬送することができる。仕事を助け、 生産性を高めるだけでなく、 人々に驚きや笑顔、 新しい体験をもたらす。 社名:NECネッツエスアイ (株)



国内初のリアルな人型アクトロイド

(株)ココロのリアルな人型アクトロイドと、 当社のICT技術(ロボットパッケージ)の融合により実現したロボットシステム。 長時間働いても笑顔を絶やさず接客(おもてなし)を行い、 受付・案内業務の人的負担を軽減。 外国人のお客様とも4ヶ国語(日本語・英語・中国語・韓国語)で対話が可能。 働き方改革を推進する業界初の人型ロボット。社名:協栄産業 (株)



衣類の折りたたみに挑戦!

クラボウ高速3Dビジョンと3D認識技術を活用し、 柔軟物ハンドリング技術を開発。 連続的な3D認識とハンドリング技術で衣類を1枚つかみ、 折畳み、 そして積み重ねる動作をロボットで自動化し実演予定。社名:クラボウ



清掃ロボットで『人手不足解消』と『働き方改革』を実現

業務用ロボット掃除機 RcDCタブレット端末で導入も運転条件の変更も簡単操作。 日常の操作は、 本体のボタン操作だけで自動運転できます。 また、 進路上に障害物があるときは、 回避や迂回をして清掃作業を続けます。 さらに、 安全面では5つのセンサーと4つの安全機能を搭載していて安心です。 社名:アマノ (株)



カメラマンロボット

写真を撮影し、 お客様にお持ち帰りいただける機能を備えたロボット。「日本の作法を原点とした親しみやすいデザイン」が設計コンセプトで、 場所や役割に応じ、 衣装の着せ替えも可能。 また、 求められる役割に応じて、 搭載アプリケーションの変更が可能。



配膳・運搬用ロボット

安定した走行が特徴の配膳・運搬用ロボット。 衝突防止センサーを搭載しており、 低速だが騒音が少なく、 飲食店での配膳や介護施設での運搬、 見回り業務等に最適。 床面の反射板を用いた低ルート走行を基本にしているが、 その他の自律走行システムも研究・開発中。 社名:SOCIAL ROBOTICS (株)

医療現場のニーズから生まれた ウェアラブルチェア
ウェアラブルチェア「archelis(アルケリス)」身に着けて歩く事ができ、 片足づつ独立したセパレート設計は姿勢に合わせてスタンスを自由に取る事が可能に。 社名:(株) ニットー



柔らかいクッション性のある表面素材で人との接触による痛みを軽減

「YaWaRaKaロボD」とは接触検出機能のあるソフトカバーです。 柔らかいクッション性のある表面素材で人との接触による痛みを軽減し、 同時に接触を検知してロボットや機器を安全に停止させることができる弊社の特許技術です。 センサを多数個使用せずに、 立体的形状と広い面積のセンシングを実現しています。 社名:(株) 三重ロボット外装技術研究所



AI+コミュニケーションロボット活用ソリューション

NEC生態認証システムとロボットの組み合わせ、 対話機能、 SNS機能、 顧客情報を連携させることによって、 ロボットとの会話を通して好みに合った商品や顧客情報から、 嗜好の強いジャンルの新製品、 お奨め品などを紹介。 ロボットから提供することでお店と顧客を繋げる。 導入事例のデモも行われる予定。 社名:NECフィールディング (株)




最新の研究の発表の場に

展示会内にて大学・国公立研究所の研究者が、 プレゼンやポスター展示を通じ、 最新の研究を発表する「産学連携ロボットフォーラム」でもサービスロボットに関する注目テーマの講演が用意されている。 (本フォーラムのプレゼンは聴講無料)



人と人をつなぐコミュニケーションロボット”Self-ball”の提案

東京工業大学 「以心電心」ハピネス共創研究推進機構 サブプロジェクトリーダー 小野 真史
興味・関心の近い人同士をつなげたり、 場の活性化を支援するロボットSelf-ballを提案する。利用者に寄り添い、 コミュニケーションの手助けをする自分専用ロボット。



芯まで柔らかいぬいぐるみロボット

東京工業大学 未来産業技術研究所知能化工学研究コア 准教授 長谷川 晶一
安全で丈夫な人と触れ合うためのロボットです。 可動部が繊維素材だけでできており、 人を傷つけず自らも壊れません。 複数糸の駆動で複雑な動きも可能です。

その他、セミナーでは経済産業省、パルコ、ソフトバンクロボティクス、川崎重工業、安川電機、MUJIN、アスクル、エヌビディア、KUKAロボティクスジャパン、富士通、ファナックなどが講演を予定している。
全講演の日程は公式ホームページを参照のこと。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム