【グーグルホームでできること】Googleアシスタントの公式ディレクトリページがオープン!

アマゾンのAlexa skills や、マイクロソフトのCortana skillsでは、既に見やすい一覧ページが用意されていますが、遅ればせながらグーグルもGoogleアシスタントのアクションが一覧できるディレクトリページがオープンしました。


関連サイト
Google アシスタント


この公式のディレクトリページでは、各アクションの「概要」「使用場面」「できること」の3つを紹介しています。



概要

Googleアシスタントの基本的な使い方の説明やプライバシーとセキュリティの説明ページへのリンクがあります。




使用場面

スマートフォンとスマートスピーカーで、Googleアシスタントの活躍する場面が紹介されています。


スマートスピーカーは家の中での利用(調べ物、エンタメ、予定、用事の管理)が想定されていますが、スマートフォンは場所を問わず利用できることが利点です。また、スマートフォンには画面がついているので写真の管理等にも向いています。ほとんどのスマートスピーカーには画面がないので写真の整理には向きませんよね。


今後画面付きのスピーカーが出ることがあれば、写真の整理もスピーカーで出来るかもしれませんね



できること

Googleアシスタントのスキルがディレクトリ形式で紹介されています。オープン時は以下の14カテゴリです。


アート&ライフスタイル
ゲーム&娯楽
スポーツ
スマートホーム
ソーシャル&コミュニケーション
ニュース&雑誌
ビジネス&金融
仕事効率化
地域
天気
教養&知識
旅行&交通機関
映画&写真&テレビ
音楽&オーディオ

ディレクトリをクリックしてもいいですし、検索ボックスから検索を行っても目的のスキルにたどり着けます。

「ロボット」で検索してみると、2つのスキルが表示されました。

現状、1つのスキルが複数のカテゴリに掲載されているケースもあるようです。

Google Homeで何が出来るか分からなかった方は、是非一度ご覧いただくとよろしいと思いますよ。


ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットやVUI(Voice User Interface)デバイスなどがどのように社会に浸透していくかに注目しています。