Facebookがディスプレイ搭載スマートデバイス「Portal」を開発中?

2018年1月9日、cheddar.comがFacebookが「Portal」と呼ぶビデオチャットデバイスを開発中と報じた。


記事の中で注目点は以下のポイント。


・Amazon Echo Showと直接競合する製品で、室内向けの音声制御デバイス。
・家族や友人がビデオチャットやその他のソーシャル機能を活用するためのプロダクト。
・SpotifyやNetflixのようなストリーミングサービスを利用可能にする。
・2018年5月初めの年次デベロッパーカンファレンスで製品紹介。
・2018年の後半にデバイスを出荷予定。
・Facebookアカウントに紐付けできる、顔認識可能な広角レンズが搭載される。
・価格を499ドルを見込むが、普及のため引き下げることも検討。
・Facebook広報担当者は、この件についてノーコメント。

これが本当であれば、AmazonやGoogleとはアプローチが異なる、ソーシャルなスマートデバイスとして存在意義がありそうだ。

また続報あり次第お伝えしていく。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Facebook

ロボスタ / 音声アシスタント特集


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。