タカラトミーがおしゃべりロボ「マイルームロビ」を2月28日発売、価格は9,800円 TVリモコンで操作可能

株式会社タカラトミーは、お部屋の環境変化に反応しておしゃべりするパーソナルトークロボット「マイルームロビ」を、2018年2月28日(水)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(http://takaratomymall.jp/shop/)等で発売すると発表した。希望小売価格は税抜き9,800円。

タカラトミーでは、“ロボットがいる遊び心のある生活”をコンセプトに、次世代エンターテイメントロボット「Omnibot(オムニボット)」シリーズを展開。中でもデアゴスティ-ニ・ジャパンで展開するロボット「週刊ロビ」とコラボレーションし、コミュニケーションに特化したパーソナルトークロボット「Robi(ロビ)」シリーズの人気は高く、これまで発売した「Robi Jr.(ロビジュニア)」(2015年2月発売)と、「もっとなかよし Robi Jr.」(2017年1月発売)の累計販売台数は約5万台にのぼるという。


ロビジュニア(右)と、もっとなかよしロビジュニア(左)

そしてシリーズ第3弾として誕生したのが「マイルームロビ」。これまでのシリーズと同様にロボットクリエーター高橋智隆氏が監修し、その愛らしいフォルムは「週刊ロビ2」が基になっている。

近年、高度な操作や機能性を持つロボットへの注目が高まっている一方、これまで様々なロボットを提供している中で利用者から、「コミュニケーションロボットには難しいコツはいらずに、自然にユーザーを気にかけてくれる存在を求める声が多く聞かました」とマイルームロビの開発に至った経緯を説明。

「マイルームロビ」の最大の特徴は、シリーズ初となる5つのセンサー(TV リモコンセンサー、気温・湿度センサー、人感センサー、照度センサー、おでこセンサー)を搭載し、部屋の環境を認識すること。ユーザーが話しかけて反応するのではなく、日常の変化やユーザーの行動に反応し、「暗いねー。電気付けたら?」、「はっくしょんっ 寒いよー」、「ボクもリモコン押したいなー」などたくさんおしゃべりする。またユーザーの用事を事前に登録すると覚えて教えてくれるなどの「曜日設定」機能もある他、季節や時間に応じて話しかけるなど、家族が1人増えたかのようにユーザーの生活に溶け込むことを目指している。

おでこを触る、マイルームロビの質問に答えながら設定するなど、子どもから大人まで誰もが簡単に操作が可能なロボットだ。

TV リモコンセンサー
TV リモコンを操作すると話しかけてくる。リモコンを使ってマイルームロビに歌(全部で50曲)をリクエストしたり、ゲームや占いで遊ぶこともできる。

気温・湿度センサー
その時の気温や湿度を感じておしゃべりが変化。TV リモコンの黄ボタンを押すと、気温や湿度に関しての感想を教えてくれる。

人感センサー
人の気配や物音があると、気になっておしゃべりをする。暗いところでも気配があるとおしゃべりする(AC アダプター使用時のみ)。

おでこセンサー
おしゃべりして欲しいときにおでこをやさしくなでるとリアクションしてくれる。また、おでこを3秒間触り、マイルームロビの指示に従うとクワイエットモードになり、TV リモコンへの反応やおしゃべりなどの機能がOFFになる。

照度センサー
明るいときは気ままにおしゃべりするが、暗くなるとおしゃべりが制限される。

また、「マイルームロビ」は、おしゃべりで明暗等の室内環境を楽しく把握できる点などが評価され、目の不自由な方も一緒に楽しめるおもちゃとして一般社団法人日本玩具協会が推進する「共遊玩具」にも認定されている。

ロボスタでは後日「マイルームロビ」の製品レビューを掲載予定。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム