Appleの新製品「HomePod」いまだに2月9日初日出荷可能、これって売れてないってこと?

通常Appleの新製品といえば、予約開始初日に売り切れることも珍しくはない。

しかし、スマートスピーカー(AIスピーカー)のHomePodについてはその限りではないようだ。


アメリカ、イギリス、オーストラリアのApple公式ストア、およびBestBuyなどで在庫状況を調べてみると、日本時間1月30日11時時点でいまだホワイト、スペースグレーとも「2月9日デリバリー可能」な状況だ。

この日はそもそもの最初の出荷予定日なので、現時点でまだ在庫があるという状況だ。これはAppleの予測よりもニーズが少ないことを意味しているのかもしれない。


僕はこう思った:

一方、仮に最初の発売国となった3カ国での販売が不調となれば、それ以外の国への展開がはやまることも期待できるかもしれません。はやく日本導入されますように。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / HomePod

ロボスタ / Siri

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Apple HomePod / Siri fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム