【米国】Nest Cam IQ IndoorがGoogle Assistant対応に

Google傘下のスマートホーム向けデバイス開発の「NEST」が2017年5月31日に発表した室内用セキュリティカメラの「Nest Cam IQ Indoor」。これが今回ソフトウェアアップデートでGoogle Assistantが利用可能になる。

NESTのデバイスに今後Google Assistantが搭載されていくことは、2018年2月にNESTがGoogleハードウェアチーム傘下に統合された時点で既に予告されていた。


Google Assistant対応されるデバイスはNest Cam IQ Indoorのみが対象で、Nest Cam IQ Outdoorなどの屋外製品は対象外だ。自宅の外に設置するデバイスを第三者に音声操作されてしまうことはプライバシーやセキュリティ上の問題があるから当然だろう。

また、例によってこのGoogle Assistant機能は米国のみで利用可能だ。

初期設定は簡単で、ソフトェアアップデート後、NESTのスマホアプリのホーム画面から設定、Google Assistantの追加をタップして設定を行う。設定後は「Ok Google」または「Hey Google」の呼びかけの後に指示したいことを伝えるだけで機能する。



Photo: NEST

基本的にGoogle Assistantでできることはほとんど対応しており、カメラ付き小型Google Homeといったデバイスになる。しかし、いくつかの機能は別の連携したデバイスで行うようになっている。たとえば、電話をかけたり受けたり、音楽・ポッドキャストなどのオーディオ再生はできない。その代わり、別のデバイスにストリーミングをキャストするように指示はできる。Nest Cam IQ本体内臓のスピーカーは音楽向きではないのでやむを得ない仕様だろう。

以下実際に使うシーンをイメージできる公式動画も公開されている。






Nest Cam IQ Indoorの価格は1台299ドル。2台セット購入で498ドルのところ448ドルの割引となる。


Photo: NEST

日本語版が登場すれば欲しいセキュリティカメラの一つだ。



関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Google Assistant

ロボスタ / Google Home

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム