ロボホンカフェや様々なロボットに出会える! 日本橋三越本店で「はじまりのフェスティバル」が開催中

本日2月28日(水)から3月6日(火)にかけて、日本橋三越本店7階で「Hajimarino Festival」が開催されている。ロボットの展示や「ロボホンカフェ」などもあり、子供からご高齢の方まで家族連れで楽しむことができるイベントだ。

その一つの目玉はロボホンカフェ。シャープのモバイル型ロボット電話「ロボホン」をモチーフにしたカフェだ。



普通のコーヒーなどのメニューも楽しめるが、



やはり目玉はロボホン・ラテアート。ロボホンの絵が描かれたカフェラテを楽しむことができる。



お隣ではコスチュームを着たロボホンにたくさん出会うことができる。これらのコスチュームはロボットユニフォーム専門の「ロボユニ」によって制作された、ロボホン用の特注品。動きを邪魔しない、熱を溜め込まないなど、機体に配慮して作られている。





クリスマスの格好でソリに乗っているロボホンや、餅つきロボホンなど、様々なロボホンに出会うことができる。



ロボホン以外にも、数多くのロボットが並んでいる。手前から、ユニロボットの「ユニボ」、DMM.make ROBOTSから販売されている「パルミー」、UBTECHの「ストームトルーパー」、MJIの「タピア」。



そのほか、ユカイ工学の「クーボ」や「ボッコ」にも出会うことができる。



そのお隣には、光岡自動車のコンパクトな電気自動車や、



「DMM VR THEATER mini」などもあり、来場者は皆楽しそうに色々なプロダクトを触っていた。



初日となった今日は、ロボホンの母ことシャープの景井美帆さん、ロボユニの泉幸典さんのトークセッションも開催され、ロボホンの服を作るにあたってのこだわりや今後の展開などにも話が及んだ。来場者との距離も近く、会場からの質問を交えながらトークセッションは行われた。



開催は3月6日(火)までの一週間。最新のプロダクトや様々なロボット、そしていろんなコスチュームを纏ったロボホンをご覧になりたい方は、日本橋・三越本店に行ってみてはいかがだろうか。

関連サイト
Hajimarino Festival

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム