ハーマンがAmazon Alexa対応スマートスピーカーのラインナップに「Harman Kardon Astra」を追加

2018年2月27日、ハーマンインターナショナルがMWC 2018においてHarman Kardonブランドの新しいスマートスピーカー(AIスピーカー)を発表した。

既に発表されているHarman Kardon AllureHarman Kardon Allure Portableに続いて、3機種目のAmazon Alexa搭載スマートスピーカーとなる。


新しいスピーカーは「Harman Kardon Astra」。既存のAlexa搭載のAllureシリーズとはデザインコンセプトが異なっているのがわかる。





Harman Kardon Astraのスペックは1.75インチフルレンジトランスデューサ3つ、0.75インチのドームトゥイーター3つ、パッシブラジエーター2つを搭載し、360度サウンドを出力する。マイクは遠方でも識別可能で、ノイズキャンセル技術を備えた4つのマイクアレイを搭載。

Harman Kardon AstraがAllureシリーズと違う点は、Brightstar社のために開発されたモデルであることにある。Brightstar社は米国の携帯端末の卸売を中心とする事業を行うソフトバンクグループの完全子会社。グローバルな販売チャネルを持つことから、Harmanは今までにない新しい顧客にアプローチできるという。

Brightstar – Vice President, Global Gear / Khalid Zitouni氏

Amazon Alexa搭載のHarman Kardon Astraのような、独創的で革新的な製品を提供できることを嬉しく思っています。



Harman Kardon Astraは2018年夏頃から、主にBrightstarチャンネル、Harman公式サイト、Amazonなどで販売される予定だ。なお価格は現時点では発表されていない。



関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム