エディアとSPJ、対話で育つ「メイドカーナビAI」を共同開発 2018年内に提供へ

株式会社エディアと、株式会社SPJは、2018年3月12日(月)より、機械学習、ディープラーニング、自然言語処理、ビッグデータ解析等のAI関連技術を活用した次世代カーナビ・ゲーム等の開発を目的とする共同研究開発を開始すると発表した。

今回の共同研究開発により、ユーザーの行動・会話をAIが学習し、ユーザー毎の趣味・趣向に合わせて自動で進化・最適化した世界観・キャラクターを形成するサービスの提供を目指すという。

本共同研究開発では、様々なスマホゲームやナビアプリを運営・開発するエディアが商品またはサービスの企画・学習データの収集を担当し、AIソリューション企業であるSPJがAI関連技術の支援を行うことで、複数のサービス開発を目指す。

第1弾となるのは、徒歩・カーナビアプリ『MAPLUS+声優ナビ』の音声操作・対話エンジン。『MAPLUS+声優ナビ(以下「MAPLUS+」)』は、人気声優が演じるキャラクターがナビゲートする徒歩・カーナビアプリ。MAPLUS+独自のオタク・ネットスラング用語を用いた音声対話・音声操作を高精度で実現するための対話エンジンを、2018年内リリースに向けて共同開発していく。

そして第2弾となるのは、会話・行動を学習し、ユーザー固有の性格に育つメイドカーナビAI。ユーザーをナビゲートするメイドキャラクター(AI)がユーザーとの対話や行動、メイドキャラクターとの親密度、ユーザーの趣味・趣向を学習し、そのユーザー固有の性格に育つメイドカーナビAIを開発し、MAPLUS+に搭載する。こちらも2018年内のリリースを目指している。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム