MobvoiのAirPodsに似たワイヤレスイヤホン「TicPods Free」、タッチコントロール・防水機能付きで59ドルから。

中国のMobvoiがAppleのAirPodsに似たワイヤレスイヤホン「TicPods Free」をINDIEGOGOでクラウドファンディング中だ。






AirPodsと異なり、Siri以外の音声アシスタントでも使える。Google Assistantを常用している人には朗報だろう。





白しかないAirPodsに対して、TicPods Freeは白、青、赤の3色展開だ。





他にも後発としてAirPodsを越す部分は他にも多数ある。ボディをスライドすることでボリューム調整するといったタッチコントロールや、IP5耐水性は魅力だ。

価格はスーパーアーリーバードで59ドル、アーリーバードで79ドル、一般販売で129ドルとなっている。一方のAirPodsは159ドルなので、価格差はかなりあるといえる。



僕はこう思った:

音声アシスタント搭載のイヤホン・ヘッドホン・ネックスピーカーなどスマートスピーカーの次のデバイスが盛り上がってきました。選択肢も増えてきたので選ぶのもなかなか迷うようになってきましたね。




関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


関連Facebookコミュニティ
Apple HomePod / Siri fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム