集客力バツグン! 拍手ロボット「ビッグクラッピー」がついに発売 価格は35万円

バイバイワールドは、拍手ロボット「ビッグクラッピー」の発売を本日より開始した。

ビッグクラッピーは、高さ90cmの拍手ロボット。拍手の研究を行なってきたバイバイワールド代表の髙橋征資さんが手がけたロボットで、やわらかな手で発する、リアルな拍手音が人の気を引く。

ロボスタには約70体のロボットがあるが、集客という点において一番パワーがあるということで、国際ロボット展・AI人工知能EXPOと、立て続けにブースに設置した。特に国際ロボット展の最終日となる一般開放日には、子供や女性、お年寄りの方、そして海外の方々を中心に、ビッグクラッピーが足を止めて笑顔にしてくれた。楽しそうな表情で足を止めてくれたからこそ、ロボスタの案内もしやすかった。

2017国際ロボット展のロボスタブースで集客をしてくれたビッグクラッピー

ビッグクラッピーが発表されたのは昨年8月のこと。発売は今年の初旬を目指していたが、量産が予定よりも遅れ、ようやくの発売となった。価格は348,000円(税別)。



多彩なシチュエーションとセリフ

ビッグクラッピーの使い方は極めて簡単だ。電源を入れれば5秒で作動、拍手を開始する。そしてスマホアプリと連携することで、シチュエーションの選択ができ、場面に応じた声かけをしてくれる。シチュエーションには「飲み会で」「お誕生日会で」「店頭で」など計10種が用意されている。「いらっしゃいませー」と声かけをして拍手をすれば、八百屋さんでは立派な従業員になるだろう。


上記の動画より。商店街に設置すれば、子供達が皆注目する。

また、パフォーマンスモードにすれば、選択したパフォーマンスをすぐにしてくれる。「幸せなら手をたたこう」を選択すれば、子供達は目の前で一緒になって手を叩いてくれるはずだ。



ビッグクラッピーは商品説明をしてくれるわけでない。ただ拍手をしてくれるだけだ。しかし侮ってはいけない。人を集めて笑顔にすることはとても難しいことなのだ。

関連サイト
ビッグクラッピー

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム