ソニー、アンドロイド研究の石黒浩教授を7月招聘へ ロボット導入時の重要な洞察に期待

ソニー株式会社は、ロボット工学領域で顕著な業績を挙げられている大阪大学大学院 基礎工学研究科システム創成専攻の石黒浩教授を、2018年7月より「ビジティング・シニア・サイエンティスト」として招聘すると発表した。

石黒教授は、様々なアンドロイドやロボットを通じて、心理学や医学の知見に基づき人間の社会的行動や心的状態にもたらす影響の研究などを行なっている。今後、AIやロボットが、人々の日常生活に溶け込むためには、技術的・機能的な側面と共に、心理的・社会的関係性の側面が調和したデザインも重要になると見込まれ、その中で、石黒教授の知見は、社会にAIやロボットが導入される際の適切な心理的・社会的デザインに関する「重要な洞察を与えてくれると考えています」とソニー。

ソニーはAIとロボティクスの領域において、調理とデリバリー(配達・配膳)というテーマで外部連携のネットワーク化を推進している。2018年4月から米国カーネギーメロン大学との共同研究を開始しており、石黒教授の招聘もこのネットワーク化の一環として実施するもの。「今後、石黒教授の高い専門性と知見に基づく助言により、人間の心理や社会的関係性を考慮したロボティクス領域の研究開発が、この連携のネットワークにおいて加速していくことを目指しています」とソニーは期待感を示している。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。