全自動衣類折りたたみロボット「ランドロイド」のセブンドリーマーズ、パナソニックと大和ハウス工業から10億円の資金調達

世の中にないモノを創り出す技術者集団であるセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社(seven dreamers laboratories株式会社は、全自動衣類折りたたみロボット「ランドロイド」の製品化を目的として、パナソニック株式会社、大和ハウス工業株式会社を引受先とする第三者割当増資により、総額約10億円の資金調達を完了したことを9月6日に発表した。

同社は2017年11月、技術開発提携及び販売提携により60億円の資金調達を行っており、今回の増資後の資本金は、87億円(資本準備金含む)となる。

【セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社について】
セブンドリーマーズは、独自の3D測定システムによる完全オーダーメイドの「カーボンゴルフシャフト」、鼻にチューブを挿入して睡眠中の気道を確保させる医療デバイスの「ナステント」を展開すると同時に、世界初全自動衣類折りたたみロボット「ランドロイド」を開発している。

左:全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」/中央:呼吸の確保を助ける鼻腔挿入デバイス「ナステント」/右:完全オーダーメイド「カーボンゴルフシャフト」

■【動画】 laundroid The Movie | ランドロイド | セブンドリーマーズ



同社は、今後も人々の生活を豊かにするためのニーズから研究開発に取り組み、日本発のイノベーションでさらなる成長を目指すと述べている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム