iPhone XSだけじゃない!Appleスペシャルイベントで「HomePod」の新機能も発表

2018年9月13日午前2時(日本時間)、カリフォルニア州クパチーノのApple新本社に併設されたスティーブ・ジョブズ・シアターにて、「Apple Special Event」が開催された。



このイベントで新型iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、そしてApple Watch Series 4が発表され、世間の注目を集めている。



そんな中、イベント後半に、HomePodについても新機能が発表されたので紹介する。



歌詞検索機能

まずは歌詞検索機能。他社のアシスタントでは既に実装されていた機能だが、Apple Musicの大量な曲を歌詞から探せるようになったのはHomePodユーザーにはありがたい機能だ。「Hey Siri, (歌詞の一部)という曲をかけて」で曲が検索され、再生される。



ステレオペア機能

ステレオペア機能は、同じ部屋に2つ以上のHomePodを設置した場合に、ステレオ再生を可能にする機能。
2018年1月より予告されていたもの。



通話機能

HomePod単体で、電話をかけたり、電話に応答したり、リダイヤルしたり、通話履歴を検索したり、ボイスメールのメッセージを聞くことができるようになる「通話機能」も追加された。「Hey Siri,(名前)に電話をかけて」または電話番号を伝えて電話をかける。



複数タイマー機能

複数のタイマーを一度に機能させることができるようになる機能。3分タイマーをセットしてから、別の作業で10分タイマーをセットし、それぞれのタイマーの残り時間を確認することができるようになる。他社では対応済みの機能だった。



iPhoneを探す機能

自分のiPhoneやApple製デバイスを紛失してしまったときに、HomePodでデバイスの位置を尋ねる機能。

この機能と、前述の通話機能、複数タイマー機能については、iOS 12で対応されると噂されていたものだ。



Siri Shortcuts機能

2018年6月のWWDC 2018で発表されたSiri Shortcuts機能がHomePodにも統合された。他社でいうルーチン的な機能で、複数アクションをひとつにまとめて起動させる機能。

例えば「Heading Home」というショートカットで、自宅までのナビゲーションをセット、お気に入りの曲を演奏し、帰宅予定時刻をテキストメッセージで家族に連絡、自宅のエアコンを動作させるといった複数のコマンドを一度に指示できる。



これらの新機能は2018年9月17日、iOS 12リリースから自動インストールされた後、利用可能になる。

なお、HomePodは新たな販売国としてメキシコとスペインが10月26日より追加される。当然日本での発売も期待されるところだが、残念ながら日本発売のアナウンスはされなかった。


Source:Apple

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム