バンダイ、AIカードゲーム「ZENONZARD(ゼノンザード)」を発表 2019年リリースへ

株式会社バンダイカード事業部は、AI(人工知能)の技術を活用したデジタルカードゲームの新ブランド「AI CARDDASS(エーアイカードダス)」を立ち上げ、その第一弾タイトル『ZENONZARD(ゼノンザード)』を2019年にスマートフォン向けアプリとしてリリースすることを発表した。



新ブランド「AI CARDDASS<エーアイカードダス>」とは?

「AI CARDDASS」とは、バンダイが新たに立ち上げた「AIを活用したデジタルカードエンターテインメントブランド」だ。カードゲームに深層学習(ディープラーニング)を含む機械学習などの技術を用いることで、膨大なプレイデータを学習し作り上げられたAIがプレイヤーをサポートしてくれる。

「AIがキミを一流にする。」をキャッチコピーとし、「ルールの習得が大変」「強いプレイヤーばかりで勝てない」「どのカードを使ったらいい分からない」等のカードゲーム特有の難しさや手間を減らして、誰でもすぐに一流プレイヤーと肩を並べるようなプレイが可能になる。



第一弾タイトル『ZENONZARD』

「AI CARDDASS」の第一弾タイトルとなる『ZENONZARD』には、「トレーディングカードゲーム」に特化したAIが搭載される予定だ。AIとの対戦では深層学習(ディープラーニング)などの機械学習によりAIが日々進化していくことで、これまでにはない白熱したバトルを繰り広げられるようになるとともに、プレイヤーとの対戦を通じてそのプレイング内容や思考、癖などによって、AIが個性を持って成長する。

これまでのカードゲームのような、パターン化されたCPUや人との対戦だけではなく、プレイを通じての「AI育成」という要素や、「人間とAIの対戦」、「人間とAIの共闘」という新たな面白さを加えていく。

またAIが、プレイヤーのデッキを構築するためにアドバイスをしたり、対戦結果を振り返り、プレイの分析をする機能の搭載なども予定している。


AIを提供するのは電王戦でプロ棋士や名人に勝利した「Ponanza」を開発するHEROZ株式会社

現在、公開されている情報は、1対1の「対戦モード」と、複数人とAIが協力して敵を倒す「共闘モード」があり、大会やイベントでは実際にAIキャラクターと戦うことができる。


対戦イメージ

また現在、『ZENONZARD』の世界観ティザー映像がYouTubeにて公開されている。同映像では人気アーティスト・藍井エイルが『ZENONZARD』のために書き下ろした新曲も公開されている。

ゲームルールやプレイイメージ、各種イベント等のプロモーション展開や、事前登録の情報などを発表するWEB番組が2018年12月に配信される予定だ。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム