「Google Home mini」がお洒落なインテリアに早変わりするスタンドアクセサリ3種が11月下旬に発売

エレコム株式会社は、スマートスピーカー「Google Home Mini」を取り付けることで、機能はそのままに、「Google Home Mini」をインテリアとして楽しめるスタンドアクセサリ3タイプを11月下旬より新発売することを発表した。

今回登場したのは、目覚まし時計のようなクロックスタンド「AIS-GHMCLシリーズ」、スピーカーの向きを自由にセットできるフラワースタンド「AIS-GHMFLOWER」、壁に取り付けて使用できるウォールホルダー「AIS-GHMH1シリーズ」の3種類。



目覚まし時計タイプのAIS-GHMCLシリーズは、「Google Home Mini」をセットすることで、寝室やデスクになじむ目覚まし時計になるクロックスタンド。「Google Home Mini」を立てて置くことができるため、LEDの確認や本体の直接操作も可能。想定価格は1,980円(税別)。


色はブラックとホワイトの2色。

Google Miniが植木鉢のお花に変身するAIS-GHMFLOWERは、スピーカーの向きを自由に変えられるアームを持つフラワースタンド。ケーブルを茎に固定できる葉っぱ型のケーブルホルダーを装備し、配線周りをすっきりさせてくれる。想定価格は2,480円(税別)。



壁に取り付けるAIS-GHMH1シリーズは、タッピングネジが付属し、ホルダーの穴に合わせて壁に固定するだけで使用できるようになるウォールホルダー。ホルダーの背面にケーブルを巻き付けることができるため、こちらもすっきりとした配置を可能としてくれる。想定価格は1,280円(税別)。



これらの3タイプは、スピーカー部を覆っていないため音声には影響がなく、クリアな音声のままインテリアグッズにすることができる。

※ 11月13日16時15分追記

エレコム社に問い合わせ、想定価格を追記致しました。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム