FacebookがAlexa搭載の新しいビデオ通信デバイス「Portal」と「Portal +」を米国で出荷開始

Facebookが2018年10月9日に発表した新デバイス「Portal」および「Portal+」がアメリカで出荷開始となった。


Photo: Facebook / Portal +

PortalはFacebook上の友達と簡単にやりとりすることにフォーカスしたディスプレイ搭載デバイス。音声アシスタントにはAmazon Alexaが採用されており、Amazon Echoのようにも使える。

10.1インチディスプレイはのPortal、15.6インチディスプレイのPortal+の2モデル展開で、それぞれホワイト・ブラックのカラーが選べる。なおPortal +のみディスプレイを縦・横に切り替えることができる。



Photo: Facebook / Portal

価格はPortalが199ドル、Portal +は349ドル。現在2台のデバイス購入で100ドル引きとなるキャンペーンが実施中だ。facebook.comAmazon.comBestBuyで購入可能となっている。



ディスプレイ搭載モデルとしてはAmazon Echo Show(第2世代)の229.99ドル、Google Home Hubの149ドルを始めとして、さまざまなモデルがひしめく激戦区となっているが、Portal +のディスプレイサイズは現時点では最大サイズかつ最も高額なポジションとなっていることがわかる。Portal / Portal +はこの市場で善戦できるのか引き続き注目したい。



Source:Facebook

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム