【GROOVE X】12月23日「情熱大陸」でロボット開発者、林要さんが登場!開発の舞台裏を1年間密着取材【LOVOT】

GROOVE Xの新世代家庭用ロボット『LOVOT[らぼっと]』の予約が明日2018年12月18日(火)より開始される。明日の発表会の様子は改ってレポートするが、その前にまたLOVOTの姿の一部が明らかになったので紹介する。



毎日放送制作/TBS系列局で日曜日よるに放送される人間密着ドキュメンタリー番組「情熱大陸」にGroove Xの林要氏が登場することが明らかとなったのだ。開発舞台裏を1年間密着取材したという。



Image: Mainichi Broadcasting System, Inc.

予告動画を見ると、頭上にちょんまげのような装置がついていることがわかる。このLOVOTの外見は、ブルーの布素材に、ダークブラウンの顔になっている。



Image: Groove X

既に公開されていたオフィシャルの画像にもその装置のシルエットが写っていた。



また以前紹介した特許資料にも、ツノのようなデザインが見受けられたので、重要ななにかなのだろう。



Image: Mainichi Broadcasting System, Inc.

こちらのLOVOTの外見は、ブラウンの布素材に、肌色の顔になっている。先程の個体とは色が違っているのは、カラーバリエーションがあるのか、開発中に様々な試行錯誤によるものなのかは不明だ。






この情熱大陸の放送は2018年12月23日夜11時15分から。

明日にはLOVOT正式発表となるので放送前に様々な情報が開示される形になるが、開発の舞台裏を知る機会として興味のある人は要チェックだ。

なお、明日2018年12月18日AM10時より「LOVOT」の製品発表会がYouTubeでライブで配信される。こちらも合わせてご覧いただければと。

LOVOT特設ティザーサイト
LOVOT



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム