自分の声でウェイクワードが作れる!Raspberry Pi対応のアレイマイク「codama」を体験してみた!(前編)

自分だけのVUIが作れる?

ロボットエバンジェリストの西田です。わーわー。12月21日にユカイ工学から発売された、Raspberry Pi対応のアレイマイク「codama」を入手したので早速体験してみました!

あなたの声をウェイクアップ・ワードにできる。 ノイズに強い録音ができる。 あなたの声の方向を検出できる。 そんな、あなただけの音声コミュニケーション開発キット。

公式ページより引用

ということで、単なるラズパイ用のマイクだけではなく、手軽にVUIを体験できるソフトウェアも用意されたキットとのことです。

早速やってみましょう!


まずは開封の儀!

とりあえず、パッケージを開けてみました。


パッケージのロゴが可愛い

蓋を開けてみた。マニュアルは1枚しか無く、オンラインを参照する方式

箱から出してみた。左上がメインボードで、右下がマイク基板

マイクは全部で4個ついている

キットには、ラズパイやスピーカーが付いていないので自分で用意する必要があります。




セットアップをしよう!

オンラインマニュアルに従って、設定をしていきます。


codamaのページからgithubへのリンクをクリック

githubのwikiがチュートリアルになっている

チュートリアルは、ラズパイのOSインストールから解説してあるので非常にわかりやすいです。


西田メモ

今回は、macを使って設定を行いました。



まずは、ラズパイのOSイメージをダウンロードします

SDカードにイメージを書き込みます

アップデートは結構時間がかかる

なんの問題もなくラズパイの設定は完了。続いて、codama本体をラズパイに接続します。




付属のケーブルをメインボードに接続

マイク基盤にもケーブルを接続

こんな感じになればOK

ラズパイにつなげたところ

こっち側が空中にういてるのが気になる

特に問題なく、簡単にcodamaとラズパイを接続できました。はんだ付け不要なのは嬉しいですね。

西田メモ

codamaとラズパイがピッタリ合うのは嬉しい! ただ、コネクタじゃないほうがゆらゆらして気になるので、固定するパーツを同梱してくれたら嬉しかったです。市販のパーツを使えば固定できそう!



最後に、codamaに必要なソフトをラズパイにインストールします。インストールが終わったら、ラズパイを再起動します。

再起動後にコマンドを入力してこの画面が出れば成功!

ソフトのインストールも問題なくできました。チュートリアルがわかりやすいのはいいですね!



ウェイクワードを作成してみよう!

codamaの特徴である自作ウェイクワードを作成してみましょう。

今回は、推奨されている方法でやってみることに

まずは、codamaをUSB Audioとして使用するためのファイルを書き込みます

書き込み中はランプがチカチカする

一度電源を切って、白いジャンパーとSDカードを取り外す

最初にラズパイの電源(黒)を指して、そのあとにMacにUSBで接続します(白)

うまくいくと、codamaがマイクとしてmacに認識されます!すごい!

chromeで、ウェイクアップワード作成ツールを開きます

chromeのマイク設定をcodamaにします

これで、準備完了! あとは、ブラウザ上の指示に従って、自分の声を録音します。動画にしてみたのでご覧ください!

声の録音が終わったら、データをアップロードします。しばらくするとupdate.binというファイルがダウンロードされるので、ラズパイに転送します。


ジャンパーやSDカードをセットしてラズパイを起動

ファイルをラズパイにコピーする(事前にラズパイのSSHを有効にすること)

最後にジャンパーを外してrebootすれば準備完了!

実際にウェイクワードを認識する様子は、動画に撮ってみたので、御覧ください!

ブラウザ上で4回録音しただけなのに、こうやってウェイクワードとして使用できるのはすごいですね! 次回は、ドコモのAIプラットフォーム project:SEBASTIEN を利用して、音声会話に挑戦してみたいと思います! Amazonで販売しているので、興味がある方は購入してみてはどうでしょうか?

こうおもった

ラズパイにSDカードを挿さなくてもパソコンのマイクとして使えるのにはびっくり! いろいろ使えそうな気がします。 自分の声でウェイクワードが作れるのもすごいと思いました!


ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリスト/スマートスピーカーエバンジェリストとして活動中。

PR

連載・コラム