【でかい/動く/やばい】世界初の等身大で動くフィギュア「高坂ここな」誕生!

ロボットプラットフォームを開発・提供しているスピーシーズが、世界初の美しくてスリム、繊細な動きの等身大モーションフィギュア「高坂(こうさか)ここな」とそのプラットフォームを発表しましたよ。身長約155cmだけあってでかい!
今までとおりダンスもできるんです。


とにかくビジュアル的にいろいろとアレなのでまずは動画を見てください。


■動画 等身大の高坂ここなさん

等身大フィギュアだけでなくプラットフォームを含めたプロフェッショナル・エンタテインメント・システムとして2019年1月16日から販売していくようです。


ちょっと怖い?

すごく画期的で未来がワクワクなんですが、正直な感想として、やや「不気味の谷」に落ちている気もします。というのも、等身大じゃない従来の高坂ここなさんはアニメ顔とプラグスーツ着用だったので、好感度はこちらの方が高いと感じるんですよね。やっぱり人に近付きすぎると「怖い」感じがするのは否めません。でもワクワクです。

■動画 アニメ・アイドル型の高坂ここなさん(等身大ではない身長60cm)

1月16日~1月18日に東京ビッグサイトの「ロボデックス」の、同社ブースにてデビューデモが実施されるようなので楽しみです。


■『高坂ここな』の特徴

スピーシーズの説明によりますと「美しくスリムな外観を実現しつつ静かに且つ滑らかに動かす事を目的に設計された等身大モーションフィギュアープラットフォーム」としています。「外装や服装、顔や髪を交換して様々なキャラクターに変身させる事が可能で、お客様の用途に適した外観に仕上げた上で、滑らかなモーションによる『仕草』で様々な情感を表現できる」とも。


関節数は今までで最多の「37自由度」。ダンスだってできるんです。もちろんフィギュア本体を支える柱は必要ですけれどね。台座ごと移動が可能で、フィギュアドライブ部は更に3つの自由度(前後、左右、上下)があるそうです。
「例えば手首だけでも3つの自由度を持っているので、一般的なロボットでは不可能な繊細な表現=「仕草」を表現する事も可能になりました。また、人気の高い3DCG制作ソフト MikuMikuDanceでモーション作成が可能となっていますので、手軽にモーション作成が可能」としています。すごいなぁ。

高坂ここなは、プロフェッショナルエンタテインメントシステムとして様々なアートやコンテンツ、イベント、アミューズメントパーク、ビジネスシーンなどにおいて、感情を伝えるためのアバターとして最適だとか。
その動きや音声などのコンテンツやアプリケーションプログラム(AIや会話なども含む)も自由に制作できて、フィギュアーの外観や外装などのハードウェアも自由にカスタマイズすることもできるんです。


価格は標準外装とシステムソフトウェア込みで2,000万円(税別)より。(仕様により変動します。オプションでフィギュアドライブ、骨格や外装のカスタマイズも承ります)。標準外装はスピーシーズ社オリジナルの「高坂ここな」さんですから、外装のカスタマイズを含むレンタル等もできるかもしれません。

モーションフィギュアープラットフォーム 高坂ここな
・フィギュアー部の身長約155cm
・美しく繊細でスリムな外観と滑らかな動作による人に近い情感表現
・外装の素材は樹脂、シリコンなど、お客様の要望でカスタマイズ可能
・一般の2足歩行ロボットでは実現不可能な37自由度を持つダンサブルタイプ
・人間の歩行速度で自在に移動可能な台座「フィギュアドライブ」を実装可能(オプション)
・MOFI-OS ver3.0搭載(LINUXベース:PCやスマホなどからHTTPにて操作可能)
・MikuMikuDanceにてモーション作成可能(.pmx、.vmdファイル利用)
・入手性の高い産業用モーターや部品を利用し、メンテナンス性が高い
【主な仕様】
受注開始日    :2019年1月16日
製品カテゴリー 
等身大モーションフィギュアープラットフォーム
並びにプロフェッショナルエンタテインメントシステム
プラットフォーム名:高坂ここな
フィギュアー身長 :約155cm
外形寸法(おおよそ):W 60cm ×D 80cm ×H 180cm
外装       :樹脂、シリコン、塗装などに対応可能
関節自由度    :37自由度
・頭部 3軸(水平旋回、左右傾き、前後傾き)
・腕 7軸×2本(肩回転、肩開き、上腕回転、肘、手首×3)
・足 6軸×2本(もも前後、もも回転、開き、膝、足首x2)
・体内腰部  5軸
  腰(水平旋回、左右傾き、前後傾き)
  上半身(水平旋回、左右傾き)
・フィギュアドライブ部  3軸(ステー上下、ドライブ水平移動【前後+左右】)
駆動方式     :多関節回転力伝達方式(リモートモーター:特許取得済み)
関節可動範囲   :最大200度程度(部位による)
ホストとの接続  :Wi-Fi、LANなど

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム