Amazon、ダッシュボタンの販売を終了へ 「使命は成功した」

Amazonがダッシュボタンの販売を終了するという。米・CNETの取材で判明した。

ダッシュボタンは、ワンプッシュでお気に入りの商品を簡単に注文できるIoTデバイス。

同記事によれば、Amazon副社長のDaniel Rausch氏は販売をやめる理由について「ダッシュボタンの核となる使命は成功した」と述べ、発売当初の2015年と比較して家庭の中にIoTデバイスが溢れるようになったと紹介した。

ダッシュボタンは、アメリカでは2015年から発売され、日本には2016年12月に上陸した。日本国内でも100種以上のダッシュボタンが用意されていたが、現在Amazon.co.jpでは販売が中止されている。

ダッシュボタンは本体価格5ドルで、初回クーポンが5ドル分利用できるため、実質無料で販売されていた。価格戦略も功を奏し、数百万台も出荷されてきたのだという。時には販売価格2.5ドルに対して、クーポンが5ドル分ついてくるという寛大なキャンペーンも行われていた。

その後、物理的なボタンだったAmazonダッシュボタンをウェブやアプリ上で再現した「バーチャルダッシュ」もスタートしたが、こちらは現在も利用可能だ。

なお、すでに家庭にあるダッシュボタンはそのまま利用することができるという。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム