IKEAとSonos、スマホアプリから操作可能なスピーカー2種を発表 2019年8月に発売へ

IKEAとSonosは、SYMFONISKシリーズの初製品となる卓上スタンド型スピーカー「SYMFONISKランプスピーカー」と本棚型スピーカー「SYMFONISKブックシェルフスピーカー」を発表した。両製品はSonosアプリを通じて操作可能だ。詳しいスペックは発表されておらず、発売は2019年8月となる。

SYMFONISKランプスピーカーは、スピーカーとランプが組み合わさったような製品。一方、本棚型の「SYMFONISKブックシェルフスピーカー」は、壁に取り付けて物置きにしたり、キッチンレールに取り付けることができるスピーカー製品だ。いずれもマイクは搭載されておらず、スマートスピーカー製品ではない。



両製品ともWi-Fiスピーカーが搭載されており、Wi-Fiに接続することでスマートフォンアプリから操作できるという。



また、両製品ともスピーカーと思えない程、インテリアとしても機能する。製品のカラーは、両方共に白黒が用意されている。

「SYMFONISKランプスピーカー」の価格は、179ユーロ(約22,500円)、「SYMFONISKブックシェルフスピーカー」は99.95ユーロ(約12,500円)。発売は2019年8月が予定されている。

関連サイト
Sonos

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム