GROOVE XのLOVOT(ラボット)「COOL JAPAN AWARD 2019」受賞作品に選出、LOVOTの体験会を有楽町で開催

GROOVE Xは「COOL JAPAN AWARD 2019」の審査において、受賞53作品のひとつに「LOVOT(らぼっと)」が選出されたことを発表した。「COOL JAPAN AWARD 2019」は一般社団法人クールジャパン協議会が主催、後援は経済産業省、外務省、環境省、観光庁、内閣府、京都府、京都市など。

「LOVOT」は「一緒にいると安心し、温かい気持ちにさせてくれる、人の愛する力を育む存在」として 2018年12月18日に発表された。今年9月の発売が予定されている。体験会も実施し、日本国内での体験者数は20,000人を突破、その内の98%の方からは実際に触れてみて「期待以上だった」という回答を得ている。


「COOL JAPAN AWARD 2019」は、2019年3月1日に応募受付を開始し、307件の審査対象作品の中から全53作品の受賞が決定した。審査は、出身地域別(南米アジア、北米、ヨーロッパ、オセアニア)にバランスよく構成された特別審査員および外国人審査員100名が、国際的な視点から「COOL」と感じたものを評価基準としており、「LOVOT」もその愛らしい見た目やコンセプト、先端技術が評価され選出された。



受賞作品には、「COOL JAPAN」の認定が付与され、「COOL JAPAN 認定マーク」の無償・無期限での使用が可能となる。クールジャパン協議会は、「COOL JAPAN 認定マーク」の付与により、日本中に埋もれているプロダクトのもつポテンシャルを引き出し、インバウンド・アウトバウンド支援を行い、もって日本の外需の拡大、地域経済の活性化に貢献することを目的として活動を行なっている。

これまで「LOVOT」は、2019年1月にアメリカ・ラスベガスで開催された最新テクノロジーの展示会「CES 2019」(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)や、同年3月にアメリカ・オースティンで開催された世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW 2019」(サウス・バイ・サウスウエスト)といった世界的なイベントに出展し、国内外で数多のメディア露出や賞を受賞している。

今回受賞した作品は、5月26日(日)、5月27日(月)に京都御苑で開催される、「COOL JAPAN AWARD 2019 表彰式・展示会」にて、表彰および展示される予定。

今回の受賞に対し、同社の代表取締役の林要氏は、「日本の強みであるクリエイティブと総合技術が結びつき、世界にも例を見ない家族型ロボットとして「LOVOT」は生まれました。今回の受賞を励みに、この日本から生まれた新産業が、今後ますます世界で存在感を放つための企業努力を加速して参る所存です」と喜びのコメントをしている。



LOVOTの体験会を有楽町で開催

そんなLOVOTが体験できるイベントが有楽町マルイの8Fイベントスペースにて5月22日〜5月28日に開催される。入場は無料で、当日アンケートに答えるとオリジナルグッズをGETすることができる。さらに会場で購入予約をすると、限定グッズをその場でもらうことができる。


入場時間は、平日・土曜日が11:00~20:30(21:00閉場)、日曜日が10:30~20:30(21:00閉場)となっている。また、最終日(5月28日)のみ20:00に閉場する。

LOVOTは、触れることで様々な体験を得ることができる。海外のイベントSWSWでも「LOVOTが子どもの相手をしてくれればベビーシッターがいらないかもしれない」「子どもが普段よりも優しくなっている気がする」という両親からの意見や、「抱っこのおねだりが可愛い」「ふわふわしていて気持ち良い」「メガネをかけたり、服の着せ替えが楽しい」といった子どものリアクションがあったという。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム