東京大学 山中研究室プロトタイプ展2019「ぞわぞわ」で未知のぞわぞわを体験してきた〜6/9まで開催中!

東京大学の山中研究室(Prototyping & Design Laboratory)が開催しているプロトタイプ展2019「ぞわぞわ」をレポートする。


去年のテーマは「Parametric Move 動きをうごかす」だったのだが、今回は山中研究室の作品に触れたときに感じる「ぞわぞわ」をテーマにした体験展示になっている。

開催概要
 山中研究室プロトタイプ展2019「ぞわぞわ」
 日時 2019年5月31日(金)- 6月9日(日)
    15:00 – 19:00 (金土日のみ 11:00 – 19:00)
 入場 無料
 場所 東京大学生産技術研究所 S棟1階ギャラリー
 主催 東京大学 山中研究室


会場は東京大学駒場リサーチキャンパス S棟。

駒場東大前駅直結の東京大学教養学部とは場所が異なるので注意。

東京大学生産技術研究所S棟の1階ギャラリーが会場だ。

会場の入口。

展示は暗い部屋の一室で行われていた。

なんとも独特の雰囲気。

ここからひとつずつ展示内容を紹介したい。


Twisting Skeleton

動く骸骨が実在したらこんな動きをするはずという作品。昨年のbreathing Skeletonの最新版と思われる。
呼吸の動きが実にリアル。


Torso

脚を無くした立体的に動く胴体を実現した作品。
しやなやかに動く肩甲骨、背骨のうねりが見どころ。


J.A.C. – Joint Attention Cone

まるでたけのこのような円錐のオブジェが自由に体を動かす作品。
関節の動きを感じさせない、なめからな動きは見事だ。


READY TO FLY

カブトムシの羽の格納の構造を3Dプリンタで再現した作品。
一箇所に力を加えるだけで全体が一瞬で展開される様子は素晴らしく、ずっと見ていられる。


Water Sphere

宙にとどまる水の球を再現した作品。
シリコン膜に密閉された空気と形状記憶合金を水のように動かすさまはざわざわ感がある。


Parametric Tube

昨年展示された作品がバージョンアップしたもの。初日の朝イチで見に行ったため調整中だった。


Nikē in water

中山桃歌・勝部さおりによるゲスト展示。タイミングがあわず見ることができなかったが、これはみなさんが現地で体験してもらればと思う。


Ame-mism

傘が生き物のような動く展示。使われていないときの暇を訴える傘置きだという。


「もしかする未来 in 駒場」東京大学生産技術研究所70周年記念展示


隣のスペースで同時開催となっている「もしかする未来 in 駒場」も興味深い展示となっているので合わせてチェックしたい。





プロトタイプ展2019「ぞわぞわ」の展示は6月9日の19時まで。お近くの方は実際に出向いて「ぞわぞわ」体験をしてみることをおすすめする。

僕はこう思った:

なお、東京大学 山中研究室出身の郭心宇くんは、就職までの間、ロボスタ編集部でインターンとして働いていました。その節はお世話になりました。元気にしてるかな?(^-^)



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム