AI×自動走行型アームロボット「トマト自動収穫ロボット」の実証実験をビニールハウスで開始 スマートロボティクス

株式会社スマートロボティクスは、農作業の約半分を占める「収穫」の人手作業軽減に貢献するため、自動野菜収穫ロボットの企画及び設計開発に取り組んでいる。
2018年11月よりソフトウェア設計およびエンドエフェクター開発をスタート、自動台車の上にロボットアームを設置して画像認識によりターゲットの野菜を収穫するという実証実験を行っている。
同社オフィス内での収穫実証実験が完了したため、2019年10月より、ビニールハウスでのAI×自動走行型アームロボット「トマト自動収穫ロボット」の実証実験を開始した。

なお、収穫する作物は、「鈴なりで果実がなり、傷つきやすくサイズが小ぶり」といった性質から、難易度が高いと言われるミニトマトとした。





トマト自動収穫ロボットの概要

同社開発の自動野菜収穫ロボットには、カメラや距離センサーが搭載されており、ディープラーニングによる画像認識などの技術を用いて、トマトの認識、サイズ判別や収穫判断をおこなう。ハウス内を自動的に移動しながら、ヘタが取れないようにミニトマトを収穫してカゴに詰めていく。
同ロボットに使用しているロボットハンドは、自社の特許申請中の技術を活用し、2019年3月にオフィス内に設置したミニトマト苗の収穫実験にて、1個あたりの収穫時間『約15秒』を実現している。

■【動画】自動野菜収穫ロボット|ミニトマト|スマートロボティクス



同社は今後、同ロボットの2020年春の実用化を目指して、量産に向けたコストダウン、自動走行機能の改良、昼夜での認識機能の向上などを進めいくとし、製品については、生産者側に導入コストの負担がかからないよう、収穫時期のみ利用可能なレンタルを中心に提供していく予定とのことだ。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム