作業中でも使える首掛け式のカメラ&マイク&通信デバイス「THINKLET」ダイキン工業とフェアリーが目指す「コネクテッドワーカー」

社会を支える重要なインフラとなっている空調において、性能、品質を保つためには、機器の性能だけでなく、保守点検やメンテナンスなどのサービス業務の品質も重要だ。フェアリーデバイセズ株式会社とダイキン工業株式会社は、空調機の保守点検やメンテナンスなどのサービス業務におけるコネクテッドワーカーの創出を通じて、作業効率と作業品質を向上させる取り組みを共同で開始した。そのためのデバイスのひとつが首掛け式の通信デバイス「THINKLET」(シンクレット:冒頭の写真)」。マイクや広角カメラを搭載しているため、遠隔から現場の状況を確認し、アドバイスや指導を行うことかできる。

THINKLET装着イメージ


サービスエンジニアの人手不足の解決とノウハウの共有に

近年、空調市場が新興国を中心に急激に拡大する中、ダイキン工業では、現場業務に携わるサービスエンジニアの人手不足が大きな課題となっており、同時に、グローバル全体におけるサービス業務の品質向上のため、世界各国でのサービスエンジニア早期育成が急務となっている。今回の連携は、フェアリーデバイセズが持つ音声認識やエッジAI、データ解析などのデジタルテクノロジーと、ダイキン工業がグローバル規模で培ってきた現場の知見を結び付け、ダイキン工業のサービス業務における課題を共同で解決する取り組みだ。

コネクテッドワーカーとは
通信機能を有する高性能ウェアラブルデバイスやセンサー等を身に着けた次世代の現場作業者。コネクテッドワーカーの映像や音声、センサーデータはリアルタイムに収集され、作業が可視化・記録・解析されることで、現場業務に対する様々な支援を受けることができる。これにより、誰もがあらゆる場所において、より効率的に、より安全に、より質の高い作業を行うことが可能となる。

遠隔作業支援ソリューション


両社の具体的な実施内容

日本国内だけでなく、世界の作業者一人ひとりの技術力や判断力を向上させ、高効率で手戻りのない高品質な現場業務の実現と、優れたサービスエンジニアの早期育成をめざし、フェアリーデバイセズが開発したスマートウェアラブルデバイス『THINKLET(シンクレット)』および、様々なテクノロジーを集積し、個別的・統合的に機能させることができるAPIやAIエンジン等のプラットフォームである「テクノロジースタック」と、ダイキン工業が開発した業務支援Webアプリを組み合わせ、熟練したサービスエンジニアが遠隔地の作業者をサポートし教育できる遠隔作業支援ソリューションを開発する。


フェアリーデバイセズ:THINKLET

現場作業者の「セカンドブレイン」として、作業を邪魔せずに作業内容や現場の状況を遠隔地と共有でき、また同時にその作業に関する全ての情報をデータ化することで作業者の記憶や知識の再活用を可能とする新たなウェアラブルデバイス 『THINKLET』を開発。同デバイスは「デバイス上でのデータ処理技術」「クラウド上でのデータ処理技術」「音声や画像データ処理技術」「ディープラーニングによるデータ学習・解析技術」など、フェアリーデバイセズがこれまで培ってきた様々な独自技術を、統合的に活用。これにより、これまでIT化が困難だった屋外の騒音環境下での業務や、Wi-Fi通信が困難な環境での業務など、あらゆる現場での高品質の業務データ処理を可能にした。
また、同取り組みにおいて、ダイキン工業が行う空調機器の設置工事や保守点検、メンテナンスなど様々な現場で、確認・検証・改善を実施し、これらのフィードバックを活用することで、作業者の高度なニーズを満たす、より実用的な“コネクテッドワーカーソリューション”を共同で構築する。
なお、フェアリーデバイセズのテクノロジースタックは、ハードウェア、ソフトウェア、データ、機械学習等を含み、高度な複数音源処理を実現するハードウェア「Fairy I/O®シリーズ」や、高精度エッジAIライブラリ「mimi® XFE」、多機能音声解析のプラットフォーム「mini」等のターンキーソリューションを有している。


▼ ウェアラブルデバイス『THINKLET』の特長

マルチマイクと音声エッジAIを搭載した業務支援ウェアラブルデバイスとして世界初(2019年11月現在、同社調べ)、現場業務のデジタルトランスフォーメーションを実現するウェアラブルデバイス。
1. 5個のマイクを搭載し、装着者の声のみならず、対面者の音声もクリアに収集が可能
2. 「mimi® XFE」を搭載し、騒音環境下でも世界最高性能の音声認識が可能
3. 800万画素の広角カメラを搭載し、詳細な作業映像の収集が可能
4. Wi-Fiおよび4G LTEを搭載し、常にクラウドに接続し業務データの収集が可能
5. USB Type C端子を搭載し、スマートグラスやウェアラブルセンサなどとの多様な連携が可能
6. 雨の中でも使用可能な、IP54の防水防塵性能
7. 装着者の手を塞がず作業の邪魔をしない、軽量首掛け型デザイン



ダイキン工業:業務支援Webアプリ

『THINKLET』を装着した作業者が遠隔地の熟練者の的確な指導や助言を得られる業務支援Webアプリを開発し、経験の浅いサービスエンジニアでも作業フローや使用部材(エアコン修理に必要な配線や配管、冷媒回収などに必要な冷媒ボンベや圧力ゲージなど)の管理方法、環境負荷低減のための冷媒量管理方法、故障診断のポイントなどを迅速かつ的確に把握でき、高効率で高品質な作業を実現できる遠隔作業支援ソリューションを構築する。
2020年8月の日本国内での本格展開に続いてグローバルへも順次展開し、まず国内では慢性的な人手不足に加えて大型イベント実施の影響等での渋滞による移動困難も予想される夏のサービスエンジニア不足に対応。また、AIを用いて作業現場の映像や音声をデータ化し、作業報告書作成などの業務自動化や、作業マニュアルの高度化を図ることでオペレーションの最適化を進め、サービスエンジニアに掛かる業務負荷軽減を実現する。
今後、遠隔作業支援ソリューションの機能を追加することで、機器の稼働状況と過去の故障原因を照らし合わせた早期の故障検知、世界中の現場業務のノウハウと翻訳技術の組み合わせによる言語の壁を越えたグローバル支援体制の構築など、さらなる高付加価値サービスを世界中に展開予定だ。なお、サービス業務だけでなく、空調機の設置工事や、設置前の現地調査、工場の製造業務など、作業の効率と品質の向上が求められる様々な現場業務への本格展開を想定している。

▼ 業務支援Webアプリの特長

業務支援Webアプリは、ダイキン工業が培ってきた空調機のサービス業務の知見を活かして開発した、熟達したサービスエンジニアが支援者となり『THINKLET』やパソコンなどを用いて遠隔地で作業する最大5名のサービスエンジニアを同時に支援できるGUI(Graphical User Interface)だ。現場での作業内容や、遠隔から支援した内容をもとに蓄積した作業履歴も確認可能となる。


【遠隔地からの業務支援】
現場のサービスエンジニアが装着した『THINKLET』で収集した映像や音声データが、支援者のパソコンやタブレット、スマートフォンにリアルタイムで送信され、支援者は口頭での助言だけでなく、送られてきた映像の必要な場面の静止画に指示を書き込み、現場の作業者が持つタブレットやスマートフォンに送信できる。
【作業履歴の蓄積】
現場作業の映像や、支援者が指示を書き込んだ静止画に加え、リアルタイムでテキスト化された会話の内容をデータベースに自動で格納。現場ごとの対応履歴が確認でき、同様の作業が必要な場合の参考などに活用できる。
【今後実装を予定する機能】
今後は、現場作業の品質向上や作業者の負担軽減をめざし、次のような機能を拡充予定だ。
• 『THINKLET』に実装予定のリアルタイム翻訳機能を活用し、支援者と現場作業者それぞれの言語に合わせた会話やテキスト表示。
• 機器の映像や会話の音声データをAIが解析し、作業報告書を自動で作成。
• 現場作業前と後の画像を解析し、復旧を自動で確認。
• 支援者のAI化により支援業務を一部自動化。

【動画】Fairydevices Connected Worker concept

<iframe src="
” frameborder=”0″ allowfullscreen>




今後の展開について

フェアリーデバイセズは、今後も遠隔支援とデータ可視化機能に加え、従来よりクラウドプラットフォームとして提供してきた音声認識・多言語翻訳機能や、ディープラーニングによる現場の動画・センサデータ解析機能、解析結果に基づく業務支援ソリューション構築サービス等、「コネクテッドワーカー」に必要なテクノロジーをより一層強化し、様々な業界に対応可能なプラットフォームとして拡張していくとしており、ダイキン工業も、世界各国のサービス業務への展開や、国内の様々な現場業務への導入にとどまらず、将来的にはグループ全体のあらゆる業務を対象に本取り組みの展開をめざすとしている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム