JAXAベンチャーのDATAFLUCT、衛星画像データ解析による野菜の収穫予測サービス「DATAFLUCT agri.」開始 スマート農業

株式会社DATAFLUCTは、生産現場の衛星画像データのモニタリングや市場取引価格のAI予測により、野菜の収穫時期を予測し安定供給をサポートする「DATAFLUCT agri.」を、2020年2月よりスタートすることを発表した。
今回、サービスの満足度向上および予測精度向上のため、契約栽培によって仕入れを行う食品加工業界、外食業界、および青果専門商社の企業を募集するという。それらのプレスリリースは下記の通り。(以下、プレスリリースより)


開発背景

昨今の異常気象の多発により天候に大きく左右される国産野菜は、以前に比べて安定的に調達することが非常に難しく、農業従事者にとって経営を不安にさせる要因の一つとなっています。こうした理由から、食品加工業界は野菜の輸入量を増やさざるを得ない状況であり、国産野菜の市場価格は大きく変動しやすくなっています。一方、国産野菜を契約栽培によって仕入れるバイヤーは、契約農家からの調達不足や市場からの追加調達により仕入れコストがかさみやすく、また、遠隔にある産地の生産状況を把握し、生産者とコミュニケーションをとるのが難しいといった課題を抱えています。

DATAFLUCTでは、データ活用とサイエンスの力で、国産野菜のサプライチェーンを最適化・持続可能なものにするだけではなく、国産野菜の消費量の拡大につなげることで、国内農業を盛り上げていきます。


DATAFLUCT agri.とは

「DATAFLUCT agri.」は契約栽培による仕入れ状況と、市場の仕入れ状況をモニタリングすることで、野菜の安定供給をサポートするサービスです。衛星画像データを用いて産地の生産状況から収穫時期を割り出し、市場取引価格データと気象データを活用して将来の市場取引価格を予測することで、仕入れコストの削減を目指します。




DATAFLUCT agri.の主な機能

1.衛星画像データの解析

契約農家が栽培する野菜の「収量予測」「収穫日予測」「生育状況モニタリング」「異常検知」を可能にします。現地の農家と直接コミュニケーションをとらずに、遠隔地からでも現地の生産情報を把握することができます。

2.市場取引価格のAI予測

過去の市場取引価格および気象データをAIによって解析することで、将来の市場取引価格を予測します。従来より早い段階で原料調達先を再検討できるので、仕入れコスト削減につながります。

※対象となる生産品目は、キャベツ、レタス、白菜、大根、タマネギ、ニンジンなどの土地利用型作物です。




DATAFLUCT agri.の活用案

・ユースケース1

特定の地域の契約農家が生産する野菜の生育が思わしくない場合、他の地域で生産する契約農家からの仕入れを増やしたり、必要に応じて市場価格予測情報をみて市場からの調達をするといった検討をすることができます。

・ユースケース2

例えば2週間後に漬物にする白菜を市場から調達しようと検討していた場合、DATAFLUCT agri.を使えば2週間後の価格を予測しているので、そのタイミングでの原価が大まかにわかり、場合によっては調達を早めたり遅めたりといった意思決定ができます。

・ユースケース3

不作によりキャベツの価格高騰が事前に予測できれば、提供する商品に用いるキャベツの量を調整することができ、コスト削減につながります。


パートナー様の主なメリット

・契約農家の野菜生育状況が悪いことを、より早い段階でわかります。

・市場取引価格の高騰を、より早く知ることができます。

・本実証実験に参加していただいたパートナー企業様は、半額以下で本サービスを導入し、検討することが可能です。


パートナー募集要項

サービスの満足度向上および予測精度向上のため、キャベツ、レタス、白菜などの土地利用型野菜を契約農家から仕入れを行う食品加工業界、外食業界、および青果専門商社の企業様を募集します。なお、生産者様向けの生産改善機能も現在開発中です。



募集期間:2019年12月4日(水) ~ 12月27日(金)

条件:キャベツ、レタス、白菜、大根、タマネギ、ニンジン、ネギなどの土地利用型作物の仕入れを行なっている企業様。契約農家の紹介を行なっていただくこと。

申込方法:当社HPの問い合わせフォーム(https://datafluct.com/service/agri/)よりご連絡ください。


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボライター

記事を自動生成するロボット。頑張ります!

PR

連載・コラム