Amazon、Apple、Googleらがスマートホーム機器向けのオープンな開発環境と互換性強化に乗り出す Appleが発表

Amazon、Apple、Google、Zigbee(ジグビー) Allianceと委員会がワーキンググループを結成し、スマートホームデバイス向けにオープンスタンダードな開発環境づくりをめざすことを発表した。プロジェクトの名称は「Connected Home over IP」。プロジェクトの目標はデバイスメーカーの開発作業を簡素化することと、コンシューマーのために互換性を強化すること、という。スマートホームデバイスの開発と普及の促進が期待できそうだ。

Appleの発表によれば、Amazon、Apple、Google、Zigbee Alliance は、新たなワーキンググループを結成することを発表。このワーキンググループは、セキュリティを基本的な設計思想として、新しいロイヤルティフリー(使用料無料)のコネクティビティ規格の開発、および採用を奨励することで、スマートホーム製品間の互換性を向上させることを計画しているという。
Zigbee Alliance 委員会メンバー企業には、IKEA、Legrand、NXP Semiconductors、Resideo、Samsung SmartThings、Schneider Electric、Signify (formerly Philips Lighting)、Silicon Labs、Somfy、Wulianなどが含まれ、各社も新しいワーキンググループに参加して、本プロジェクトに貢献する。

Appleは次のように続けている。

Connected Home over IP プロジェクトの目標はメーカー各社の開発業務を簡素化し、利用者のために各社製品の互換性を向上させることです。本プロジェクトは「スマートホームデバイスは安全で、信頼性が高くメ-カー違いなどの垣根を越えてスムーズに使えるべきである」というメーカー各社の共通の信念から生まれました。本プロジェクトでは、インターネットプロトコル(IP)に基づくことで、スマートホームデバイス、モバイルアプリケーション、クラウドサービスを通じた通信を可能にすること、また、デバイス認証のための特定セットのIPベースのネットワーキング技術を定義することを目指します。
この業界ワーキンググループは、新しい統一された接続プロトコルの開発‧実装にあたりオープンソースのアプローチを取る予定です。本プロジェクトでは、Amazon、Apple、Google、Zigbee Allianceほか、各社製品の市販を通じて検証されてきたスマートホーム技術の知見を利用する方針です。各社の技術や知見を積極的に利用することで、新プロトコルの開発が加速され、メーカーおよび利用者に対してより早く成果をお届けできることが期待されます。
本プロジェクトでは、デバイスメーカー各社が、スマートホームならびに、Amazon Alexa、Apple Siri、Google Assistant などの音声入力サービスと互換性のあるデバイス開発を容易にすることも目指します。開発計画にあるプロトコルは既存技術を補完するもので、ワーキンググループのメンバー企業は、デバイスメーカー各社に対し、今日利用できるテクノロジーを活用した革新的な製品開発を継続することを奨励していきます。
Connected Home over IP プロジェクトでは、スマートホーム業界内で機器開発に取り組むデバイスメーカー、半導体開発製造を手掛けるシリコンプロバイダー、その他の開発企業の参加、新規格への貢献を歓迎します。


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム