マイクロ・ロボットタクシーと富士通オンデマンド交通サービスが連携 平城宮跡の自動運転バス実証実験にパーセプティンが採用

最寄り駅と自宅間のラストワンマイル、地域住民の生活の足、そして観光スポット間の移動など、公共交通や既存の交通手段を補完する新しいコンセプトのマイクロモビリティ「マイクロ・ロボットタクシー」と、「オンデマンド交通サービス」を連携させる試みがスタートする。
PerceptIn(パーセプティン) Japan合同会社は現在、奈良県奈良市てせ平城宮跡歴史公園での自動運転バスの実証実験を行っている。その実験で、富士通のオンデマンドで配車するクラウドサービス「FUJITSU Future Mobility Acceleratorオンデマンド交通サービス」を採用、1月18日より運用開始することを発表した。





今回の実証実験の背景

パーセプティンは、「マイクロ・ロボットタクシー」による来場者の回遊性の促進やアトラクションとしての集客力の検証、及び商用サービスとして提供するための運用面や技術面の課題抽出を目的に、2019年11月より平城宮跡歴史公園における8人乗り低速電動車両を活用した「マイクロ・ロボットタクシー」サービスの実証実験を行っている。これまで、平城宮跡歴史公園内の周遊コースに設置された3つの停留所では、予約受付担当がトランシーバーで連絡を取り合いながら各停留所の乗車可能人数をカウントし、先着順の乗車としていたため、利用者にとっては、停留所に来たが満席で乗れない、また今後いつ乗れるかもわからない状況であった。

両社は、2019年6月3日より開始したFUJITSU ACCELERATOR第7期へのパーセプティンの参加をきっかけに、「マイクロ・ロボットタクシー」と「オンデマンド交通サービス」を連携させることで、地域における交通サービスやビジネスモデルを両社で模索し、今回の実証実験に至った。今後は、同実証実験における検証結果を基に、「オンデマンド交通サービス」による自動運転車の呼び出し、無人での確実な乗降管理の遂行など、地域活性化に貢献する自動運転によるモビリティサービスの提供に向けて、お互いのシステムに求められる要件を抽出し、改善に向けて検討していくとのことだ。

【動画】【オンデマンド交通サービス】誰もが暮らしやすい社会へ




実証実験の概要

同実証実験では、パーセプティンが開発した自動運転技術と低速電動車両を活用した「マイクロ・ロボットタクシー」の現在位置や定員人数といった情報と、利用者の人数、時間、乗降する停留所といった予約情報を「オンデマンド交通サービス」上でマッチングさせることで、自動運転で周遊する車両と複数停留所での乗降ニーズに応じて効率的に配車することが可能となるかを検証する。

期間 2020年1月18日、19日、2月1日、2日、15日、16日、29日、3月1日
場所 平城宮跡歴史公園(所在地:奈良県奈良市)
各社の役割 【パーセプティン】自社開発した自動運転用のシステムとセンサーを、最大速度20キロ/時程で走行可能な電気自動車に搭載。セーフティードライバー(タブレット端末操作によるスタート/ストップ指示、及び緊急時の対応を行う、自動運転車両への同乗者。)を配備し、平城宮跡歴史公園を自動運転で周遊する。また、場内に3つの停留所を設置して、予約受付担当を配備予定。
【富士通】各停留所の予約受付担当が使用する、乗車定員に応じた予約受付、運行車両の予約情報管理や位置情報管理のためのオペレータアプリを提供。また、セーフティードライバーが使用する、各停留所で乗降する予約情報閲覧、乗降者を管理するためのドライバーアプリを提供する。
検証方法 停留所にいる予約受付担当が利用者の人数、時間、乗降する停留所といった予約情報を、運行車両内にいるセーフティードライバーが実際の乗降人数などの情報を専用のアプリケーションに入力。
それらの情報と運行車両の現在位置や定員人数などの情報を「オンデマンド交通サービス」上でリアルタイムに自動的にマッチングさせることで、自動運転バス利用者の需要に応える配車・運行を適正に行えるかを検証する。

実証実験のシステム概要図

自動運転ルートと停留所

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム