テーブルに料理を運び、空いた食器類も下膳するフロアーロボット「PEANUT」をデモ展示 日本システムプロジェクト

POS、オーダーエントリーシステムの企画・開発を手がける日本システムプロジェクトは、1月22日(水)~23日(木)まで東京の池袋サンシャインシティ文化会館にて開催される「~ミートフードEXPO~焼肉ビジネスフェア2020」で、フロアーロボット「PEANUT」を展示、体験デモンストレーションを実施する。


3層のパレットで料理や商品を自動で配膳

フロアーロボット「PEANUT」は、日本システムプロジェクトが新たに販売する、配膳ロボット。パレットに載せた料理を自動でお客の席まで配膳。音声によるコミュニケーションで料理の到着を案内し、料理の受け取りを認識したら次のテーブルへ素早く移動する。


サイズ:50x50x120cm(画像は公式サイトより引用)

背面のタッチパネルから複数のテーブル選択も迷わず操作でき、バッシングした食器類を載せたら、手をかざすだけでキッチンに戻る機能も搭載している。


パレット一層の耐荷重10Kg。 積載内容:40×25×40cm


展示会では、複数のテーブルへ料理を運ぶ、空いた食器類を載せてキッチンへ帰る、人や障害物をよける、などの基本動作を見ることができる。デモンストレーションは同社のブース(東京:TJ-21、大阪:OD-09)にて常時行われる。

■展示会の概要
「~ミートフードEXPO~焼肉ビジネスフェア2020」
東京・大阪の両会場で「PEANUT」の展示を行います

【東京会場】
会期:1月22日(水)~23日(木)
時間:10:00~17:00
会場:池袋サンシャインシティ文化会館
ブース番号:TJ-21

【大阪会場】
会期:2月4日(火)~2月5日(水)
時間:10:00~17:00
会場:大阪南港ATCホール
ブース番号:OD-09


日本システムプロジェクトが、なぜロボットを手がけるのか

1991年の創業以来、主にPOS、オーダーエントリーシステムの企画・開発による飲食店向けのソリューション事業を展開している。飲食店の課題、働く人、お客の声に真摯に向き合い続け、全国4000以上の店舗にシステムを導入。POS、オーダーエントリーシステムの企画・開発を主な事業としてきた日本システムプロジェクトが、なぜロボットを手がけるのか。

それは、外食産業全体が人手不足にあえぐ中であっても、ロボットが人の作業負担を減らすことができれば、よりサービス中心の働き方へとシフトし、飲食店の新たな価値、体験の創出につながると考えたから。

同社は「飲食店の未来をおもしろく」を掲げ、課題解決を通して飲食店の新たな価値、体験の創出に取り組んでいくとしている。

今後の「PEANUT」出展スケジュール
「第5回 外食FOOD TABLE」
会期:2月12日(水)~14日(金)
時間:10:00~17:00
会場:幕張メッセ
ブース番号:1-517

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム