ウルトラマンの空中戦を見逃すな、バルタン星人の分身をMRで体感せよ!「DOCOMO Open House 2020」見どころ解説(2) MR体験デモ

NTTドコモ主催「DOCOMO Open House 2020」(ドコモオープンハウス2020)が23日と24日の2日間、東京ビッグサイト青海展示場(東京テレポート駅前)で開催される。VRやARなどの仮想現実の技術やデモ展示がたくさん展示されていることを別記事でも解説したが、中でも昭和世代の皆さんのハートにグッと来るのが「ウルトラマン MR Show」だ。(このデモは今回のイベント用に作成され、次回の公開予定は未定なので、ぜひ体験しておきたい)


コラボレーションパートナーとして版権を持つ円谷プロ、MRシステムの構築にはワントゥーテン(1→10)があげられている。


MRグラスの「Magic Leap」を装着し、大きな町の模型の方を見ると怪しげな影が・・。
バルタン星人が出現する(Magic Leapの中にだけ)。

リアル空間の街の模型。Magic Leapを装着した人にだけ、バーチャル空間のウルトラの世界が融合して現れる

Magic LeapのMRグラス


侵略者を撃て

5Gが普及した近い将来、MRグラスを装着して、いつでもどこでもこのような仮想現実のコンテンツを楽しむことができるようになる・・そんなメッセージが込められた作品のデモだ。リアルな街並みにバーチャルのバルタン星人が出現する視覚体験が見どころ。

リアル空間の街の模型。ここにバーチャル空間のウルトラの世界が融合する。実際の横浜の街とかを見下ろしながら、怪獣大決戦が見られる日が来るのかも・・

また、来場者の3Dデータをリアルタイムで仮想空間の中に転送する技術も使われている。ここでは科特隊(ぽい)コスチュームを着たMCの人が街中のビルの屋上に転送されている。

リアルなMCのお姉さんは街の模型の外でナレーターをしているが・・・

仮想空間の中ではリアルタイムに屋上に転送されている。あ、うしろにバルタン星人が現れた

突如、街に現れたバルタン星人は分身しながら我が物顔で歩き回る。


あ、お姉さんが危ない!


そこにやってきた、われらがウルトラマン。
あの「第2話 侵略者を撃て」を彷彿とする迫力のシーンが展開されるぞ。


空中戦も見逃すな
DOCOMO Open House 2020
開催期間:2020年1月23日(木)~24日(金)
開催時間:9:30~18:00
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟A・Bホール(23,200㎡)
※東京国際展示場の展示棟とは異なりますのでご注意ください
入場料:無料 ※事前登録が必要です
主催:株式会社NTTドコモ
イベントサイト:http://docomo-openhouse.jp/2020/

ABOUT THE AUTHOR / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。

PR

連載・コラム