子どもをAIで見守る「GPS BoT」 位置情報はGPSと「みちびき」に対応 いつもの行動範囲をはずれたら親のスマホに通知

ビーサイズ株式会社は、IoTとAI技術を応用し、位置情報を元に子どもを見守るモバイル型AI見守りロボット「GPS BoT」の第2世代モデルを、2020年3月2日より発売開始することを発表した。

新モデルでは、1度の充電で最長1ヶ月充電不要の超ロングバッテリーライフを実現。日本版GPS「みちびき」(準天頂衛星システム:QZSS)に対応し精度向上を果たすなど大幅に進化を遂げた。なお、サービスに必要な料金は、端末代4,800円と月額480円。


子どもの行動をスマートフォンで確認できる「GPS BoT」

「GPS BoT」は「AIが子どもに寄り添うように見守る」をコンセプトに、クラウドのAIが常に子どもの居場所を見守るサービス。GPS BoT端末を持ち歩くだけで、子どもの居場所をスマートフォンに自動でお知らせ。最新の現在地はもちろん、一日の移動履歴を確認することも可能。また、AIが自宅や学校、習い事など、よく行く場所を学習。その場所を「通知スポット」として登録すると「通知スポット」への到着・出発を自動で知らせてくれる。


生活防水、防塵(IP55)、耐衝撃に対応

1ヶ月ほど利用すると、子どもの行動範囲を学習する。もしいつもの行動範囲を離れ、普段は行かないところに行くと、自動で通知が送られる。「GPS BoT」は、昔、近所のおじさんやおばさんが、時におせっかいながらも地元の子ども達を見守ってくれたような、人間味のあるAIみまもりサービスを目指して開発された。

■GPS BoTの基本機能
以下、プレスリリースより引用
1:位置の常時測位とアップロード
・子どもに動きがある限り、常時子どもの位置をサーバーで捉え続けます。
・保護者は子どもの現在地はもちろん、一日の足どりも離れた場所からでもスマホで閲覧出来ます。
2:自動のお知らせ
・自宅や学校、習い事など、よく行く場所に、到着・出発すると、自動でお知らせします。
・アプリを開いていなくても、PUSH通知でお知らせします。
3:行動の学習
・AIが子どもの行動を学習し、よくいく場所や、ふだんの行動範囲を学習します。
・ふだんの行動範囲を逸脱すると、普段行かないところに行っているとして、自動で通知されます。

GPS BoT 第2世代モデルでは1度の充電で最長1ヶ月充電不要の超ロングバッテリーライフを実現。日本版GPS「みちびき」に対応し、精度向上を果たすなど大幅に進化を遂げた。

■GPS BoT 第2世代モデルの進化ポイント
以下、プレスリリースより引用
1:超ロングバッテリーライフ。かばんに入れっぱなしで1ヶ月ずっと見守ります。
・モバイル通信する端末としては画期的な、一度の充電で最長1ヶ月の超ロングバッテリーライフを実現。
・2019年に全国をカバーした次世代省電力通信LTE-M(Cat M1)を採用し、消費電力を低減。
・SIMカードやチップSIMと言った物理的SIMが存在しないため、基板の集積化を実現し、バッテリーの大型化に成功。バッテリーは現行機種の約1.8倍の1400mAhのバッテリーを搭載。
・GPSに加えて、みちびき衛星やBeiDou衛星、Galileo衛星など、複数の衛星の電波から、より素早く正確に位置を特定。さらにはアシストGPSも搭載し、速やかな位置特定によって、バッテリーライフを伸ばすことに成功しました。
・また、GPS BoT端末に加速度センサやジャイロを搭載。モーションAIによって子供の動きを解釈し、消費電力を抑える制御を実現しました。

2:精度が向上。より粘り強く位置を特定し、精度も高まりました。
・対応GPSを増やし、アシストGPSに対応したことで、精度を向上させました。
・モーションAIによって、動きから状況を解釈し、最適かつ信頼性の高い測位を実現しました。

3:サイズや料金はそのまま。さらに便利に。
・端末4800円、月額480円(ともに税別)はそのまま。
・サイズは1ミリ薄くなり、角の丸みが大きくなって、少し小ぶりでかばんに入れやすくなりました。
・microUSBからUSB-Cに変更。、上下どちらの向きでもさせるため、利便性が向上。
・生活防水防塵(IP55)耐衝撃を実現。
・ご希望の多かった、ストラップホールを搭載しました。

「GPS BoT」の必要な料金は、端末代4,800円と月額480円のみ。初期契約事務手数料や解約料、契約年数の縛りなど、追加費用や付帯条件は一切必要ない。

第2世代モデルのGPS BoTの仕様は以下の通り。

■新しいGPS BoT(第2世代モデル)の仕様
・重量・寸法: 幅50mm 高50mm 厚み18mm・重さ46g
・色: マットホワイト
・バッテリ: リチウムイオンバッテリ内蔵 1400mAh
・充電頻度
バッテリ優先モード 目安2週間~1ヶ月(約3分間隔で現在地を更新)
頻度優先モード目安1週間~2週間(1~2分間隔で現在地を更新)
・充電時間: 3時間
・通信方式: LTE-M
・通信可能エリア: ドコモLTEエリア
・位置特定
GPS、みちびき(QZSS)、BeiDou、Galileo、SBAS
アシストGPS(A-GPS)
クラウド測位(WiFi・携帯基地局の電波によって測位)
モーションAI(加速度、ジャイロ)
防水機能: 生活防水・防塵(※IP55)耐衝撃
製造国: 日本

供給に関するお詫びとお知らせ(公式サイトより引用)
新しい GPS BoT(最新|第二世代モデル)の春生産在庫には限りがございます。コロナウィルスの影響にともない、春在庫が完売しますと、再供給には数ヶ月を要する可能性がございます。ご注文いただきましたお客様から順次出荷をさせていただいております。


GPS BoTの開発背景

同社のプレスリリースによれば、子どもたちが学び育つ地域社会は、昨今、共働き世帯の増加や地域の高齢化、コミュニティの希薄化などに伴い、見守る人の目が不足している。新学期が始まり、安心安全とは言い切れない地域社会で歩み始める小学生の親たちは、直近の新型肺炎の影響もあいまって、不安感を抱く状況にある、という。

本来であれば付き添って上げたいものの、仕事と子育てを両立する保護者も増える中、始終子どもに付き添うのも現実的ではなく、子供の成長機会を阻むものにもなる。地域のおじさん、おばさん、ご近所さんが、そっと見守り、何かあれば教えてくれる。そんな、さり気なくも温もりある見守りを、残念ながら人の目が足りない現状において、AIによって実現できないか。AIと地域が協調して子どもたちを見守るために、GPS BoTは開発された、続けている。

同社は誰かが見てくれていることで、子供達がより前向きで健やかに冒険でき、保護者は、安心して子供を送り出せる、AI共生の未来にテクノロジーとデザインで貢献していくとしている。


関連サイト
GPS BoT 公式サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム