神奈川県が新型コロナ宿泊療養施設に分身ロボット「OriHime」を導入 オリィ研究所

オリィ研究所は神奈川県の依頼を受けて、2020年5月7日に遠隔操作型の分身ロボット「OriHime」を新型コロナウイルス陽性患者の宿泊療養施設 2箇所に導入したことを発表した。

神奈川県では未知の病気への不安を感じている入所者のケアを行う際に、その表情や様子を伺いながらコミュニケーションを行うことを重要視している。入所者がスタッフに相談をする際の心理的ハードルを下げ、気軽に相談ができるようになることを期待してOriHimeの導入を決めたという。





遠隔から会話できる分身ロボット「OriHime」

OriHimeはPCやスマートフォン・タブレットから遠隔操作できるロボット。操作者が遠隔から会話をしたり、顔を動かしたり、ジェスチャーをするなど、実際にその場にいるようなコミュニケーションがとれることが特徴。


サイズ:高さ23cm×幅約17cm(腕を畳んだ状態)×奥行き約11cm

OriHimeが導入されたのは神奈川県内の新型コロナウイルス陽性患者のうち、軽症者等の受け入れ療養を行なっている「アパホテル&リゾート横浜ベイタワー」と「湘南国際村センター」。施設では感染防止のため入所者とスタッフが接触しないようゾーニングされている。OriHimeは新型コロナウイルス陽性判定を受けた入所者が滞在している区画に設置され、感染を防ぎつつスタッフが入所者の表情や様子を見ながらコミュニケーションをとり、ケアを行う目的で使用されている。

オリィ研究所は今後も神奈川県と連携し、OriHimeの活用による新型コロナウイルスの感染拡大防止、ならびに入所者の心理的ストレスの軽減に協力していく考えだ。

「OriHime活用の概要」
期間:2020年5月7日〜
導入施設
アパホテル&リゾート横浜ベイタワー
湘南国際村センター
(いずれも新型コロナウイルス感染症の軽症者および無症状者が利用する宿泊療養施設)

使用者:非感染エリアのスタッフと感染エリアの入所者
目的:感染リスクを避けつつ、スタッフが入所者の表情や様子を伺いながらケアを行う



分身ロボットOriHimeとは

OriHimeはオリィ研究所代表の吉藤氏が過去に3年半の療養で不登校だった経験を元に開発し、オリィ研究所が製品化、提供している遠隔操作型のロボット。育児や介護、身体障害などで会社に身体を運ぶ事が困難な人のテレワークや、病気で学校に通えない児童・学生の遠隔教育ツールとして全国で使われている。


オリィ研究所によると、OriHimeは約500台が約80社に導入されている。

OriHimeはPCやタブレット、スマートフォンで手軽に操作でき、設置、持ち運び利用が簡単なのが特徴。現在法人向けOriHime Biz として多くの企業・教育現場で導入されており、在宅テレワーク勤務での利用や会議での利用はもちろん、本社支社を結ぶコミュニケーションツールや、多忙な社長や出張が多い社員のツールとしても利用が拡大している。


関連記事
Orihime 関連記事
関連サイト
オリィ研究所

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム