「ATOM Echo スマートスピーカー開発キット」発売 わずか24mm AWSやGoogle Cloud対応 スイッチサイエンス

株式会社スイッチサイエンスは、中国 M5Stack社のスマートスピーカー開発キット「ATOM Echo」をスイッチサイエンスのウェブショップにて6月5日19時より販売開始することを発表した。ATOMシリーズをベースに設計されたプログラマブルなスマートスピーカーモジュールで、サイズはわずか 24 x 24 x 17mm。価格は税込1,265円。

スマートフォンやタブレットを使って、ESP32のBluetoothによる音楽再生が可能です。AWSやGoogle Cloudのようなクラウドプラットフォームにアクセスし、内蔵されているマイクとスピーカーを使い、スマートスピーカーの様な機能を作成することもできます。また、上部にはフルカラーLEDも搭載されていて、接続状況などを表示することができます。
ATOM EchoはATOMシリーズ同様、六つのGPIO(内四つはスピーカー、マイクと接続済み)、ボタン、赤外線LED、Grove互換コネクタを備えている。スマートフォンやタブレットを使ったBluetooth接続による音楽再生ができるほか、AWSやGoogle Cloudのようなクラウドプラットフォームにアクセスし、内蔵されているマイクとスピーカーを使ってスマートスピーカーの様な機能を作成することもできる。また、上部にはフルカラーLEDも搭載されていて、接続状況などを表示することが可能。


裏面には基板取り付け用のM2ネジ穴が一つ

工場出荷時にはBluetoothスピーカーとしてのファームウェアが書き込まれているが、約1時間以上の長時間音楽連続再生を推奨していない。製品内蔵のスピーカーでの長時間連続再生や低周波・重低音の音楽再生はスピーカーの負荷が大きく、機能低下の恐れがあるという。オーディオデータ転送にはA2DPプロトコル(着信は非サポート)を使う。


電源を入れるとLEDは赤に点灯し、Bluetoohデバイスと接続が確立すると緑に点灯。切断されると赤色に戻る。

スイッチサイエンスは、テクノロジーをより多くの人々が道具として当たり前に使える世界を目指して活動している。具体的には、電子工作用の電子部品を自社で設計、製造、または国内外から調達し、販売する事業を行っている。

■ATOM Echo基本仕様

サイズ 24x24x17mm
重量 10g
USB Type-C
SoC ESP-PICO-D4/240 MHz、デュアルコア/BLE 4.0、A2DP対応
Wifi規格 2.4 GHz Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n
フラッシュメモリ 4MB
RGB LED SK6812
スピーカー 0.5 W/NS4168 I2S
マイク SPM1423 PDM
インターフェース IR LEDx1/プログラマブルボタンx1/リセットボタンx1/GPIOピンx6/Grove互換コネクタx1

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム